2021.07.14

高すぎる有名税…レブロンはSNSで最も暴力的なメッセージを受け取っているアスリート

レブロンが最も暴力的なメッセージを受け取っているアスリートに[写真]=Getty Images

 今夏は休暇に励み、来シーズンの巻き返しを誓うレブロン・ジェームズロサンゼルス・レイカーズ)。最近は息子ブロニー・ジェームズの試合会場に訪れて父親の顔を見せたり、インスタグラムのトップ画像を『スペース・プレーヤーズ』仕様に変更したりと、シーズン中とは異なる一面を覗かせている。

 さて、そんなレブロンは言わずもがな、アスリートでもトップクラスの知名度を誇る。『Sportycious』によると、スポーツ選手に限定したインスタグラムのフォロワーランキングでは、トップ10の殆どをサッカー選手が占めるなか、レブロンはバスケットボール選手として唯一リストに名を連ね、全体5位にランクインしている。

レブロンは2位と比較して約4倍のヘイトコメントを投げかけられている

 しかし、勝敗をつけるエンターテイメントであるがゆえに、有名であればあるほど、サポートの声と比例して非難の多さも目立つのがスポーツの性。スポーツベッティングサイト『Pickwise』の調査曰く、レブロンはアスリートで最もツイッター上で暴力的なメッセージを受け取っている選手だという。

 2020年6月からの1年間、キングに向けられた暴力的なメッセージの総数は、12万2568件にも上る。次いで、サッカー・イングランド代表のマーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・ユナイテッド)が3万2328件、NFL史上最高のクォーターバックとされるトム・ブレイディ(タンパベイ・​バッカニアーズ)が2万8151件。すなわち、レブロンには2位のラッシュフォードと比較して約4倍もの量のヘイトコメントが投げかけられているのだ。

2位はマーカス・ラッシュフォード(左)、3位はトム・ブレイディ(右)という結果に[写真]=Getty Images


 ちなみに、10位以内にはNBAから他3選手がランクインし、4位のケビン・デュラント(ブルックリン・ネッツ)が2万4370件、6位のデイミアン・リラード(ポートランド・トレイルブレイザーズ)が2万904件、9位のステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)が1万1203件という結果に。また、20位以内に名前が挙がった選手のうち、16人が黒人選手というデータも算出されている。

 少し話しは逸れるが、前述のラッシュフォードは新型コロナウイルスで貧困に苦しむ英国内の子供たちを支援し、大英帝国勲章や名誉博士号を授与した人格者だ。しかし、「EURO2020」の決勝戦でPKを外した責任を咎められ、最近は彼宛てにおびただしい数のヘイトメッセージが向けられたほか、本人が描かれた壁画にも差別的な言葉が落書きされる始末。だが、地元民たちはそんな刺々しい言葉をイングランドの国旗や愛のメッセージで覆い隠し、ラッシュフォード自身もPK失敗を謝罪する一方で人種差別を断固として許さない力強いメッセージを発信した。

ラッシュフォードに対する差別的な発言に対し、地元住民が愛のメッセージで覆い隠した[写真]=Getty Images


 これにはカーメロ・アンソニー(ポートランド・トレイルブレイザーズ)も「俺たちは競争心からか、応援している人や対戦相手が同じ人間であることを忘れがちなんだ。ラッシュフォード、俺たちがついてるぞ」とサポートの姿勢を示している。

​​

 “Black Lives Matter”をリーグ全体で謳い続けるNBA。時にはヒートアップしてしまうこともあるかもしれないが、肌の色やルーツに関係なく、選手、スタッフ、ファンのどの構成要素が欠けてもスポーツは成立しない。個人をリスペクトする心、そしてラグビーに倣うノーサイドの精神。バスケットボールが一切の濁りなき紳士のスポーツになる日まで、一人ひとりが声を上げ続けなければならない。

 文=Meiji

レブロン・ジェームズの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO