2019.03.24

最終Qで逆転した新潟アルビレックスBB、敵地で大阪エヴェッサに連勝

計37得点をマークしたガードナー [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月24日、各地でB1リーグ第29節第2戦が行われ、おおきにアリーナ舞洲では新潟アルビレックスBB大阪エヴェッサと対戦した。

 第1クォーターで4点のビハインドを背負った新潟は、続く第2クォーター、ラモント・ハミルトン、ダバンテ・ガードナーらの得点で徐々に点差を詰め、37-38で前半を終えた。

 第3クォーターはどちらも譲らない展開となり、60-62の2点ビハインドで迎えた第4クォーター序盤も拮抗した展開が続いたが、残り3分28秒にガードナーがフリースローを2本沈めて81-79。直後にハミルトンの“4点プレー”で流れに乗り、最終スコア92-84で勝利を収めた。ガードナーは40分間のフル出場で37得点を記録した。

【試合結果】
大阪エヴェッサ 84-92 新潟アルビレックスBB (@おおきにアリーナ舞洲)
大阪|16|18|24|22|=84
新潟|20|21|23|32|=92