2019.05.18

『あひるの空』特別インタビュー「川崎ブレイブサンダースは九頭龍高校を全力で応援しています!」篠山竜青

「夏目健二とは以前行ったコラボでチームメートになったことがあります」と篠山竜青 [写真]=兼子慎一郎
2000年より、バスケットボール専門で取材活動中

大人気バスケマンガ『あひるの空』のアニメ化の詳細がついに発表された。今秋、オンエアが開始されるという。そこで、Bリーグを代表して川崎ブレイブサンダース篠山竜青選手に『あひるの空』の思い出を語ってもらった。さらに作品の感想やアニメ化に向けてのメッセージもゲットした。それでは早速インタビューをお届けしよう。

取材・文=吉川哲彦
写真=兼子慎一郎

――バスケットボールを始めた時期、バスケが好きな理由を教えてください。
篠山
 小学校3年生の時にミニバスケットのチームに入りました。バスケが好きなのはやっぱりカッコいいからじゃないですかね。プレーの動きもそうですし、ファッションとのつながりも強いスポーツなので、見映えの良さがあると思います。

――『あひるの空』の読者の皆さんにBリーグ、バスケの魅力を一言で伝えてください。
篠山
 アリーナスポーツとして、コートとの距離が近いというのはBリーグの魅力ですね。試合以外のエンターテイメントの部分もリーグとしての武器の1つかなと思います。競技としては他と比べると小さいコートの中で、接触や激しい切り替えがありますし、リングが上についているので繊細なシュートタッチが求められる。激しさと繊細さが入り混じったところがバスケの面白さなんじゃないかと思います。

――『あひるの空』の感想を聞かせてください。そしてアニメ化に向けて応援コメントをお願いします。
篠山
 僕はアフロのお兄ちゃん(花園千秋)が好きですね。サイズがあるんですが、司令塔として他の選手を活かすタイプなので、役割としては一番自分と似ているかな。夏目健二とは以前行ったコラボでチームメートになったことがありますし、作品自体も舞台が川崎ということで、川崎ブレイブサンダースは九頭龍高校を全力で応援しています!

あひるの空のバックナンバー