2019.10.20

琉球ゴールデンキングス、秋田ノーザンハピネッツとの接戦を制す…第1戦のリベンジに成功

田代は7得点をマーク [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 10月20日、沖縄市体育館にてB1リーグ第4節第2戦が行われ、琉球ゴールデンキングス秋田ノーザンハピネッツと対戦した。

 第1クォーター、ジャック・クーリーがこのクォーターだけで7得点とオフェンスをけん引し、18-15で終えた。次の10分間は互角の展開となり、37-34で試合を折り返した。

 第3クォーターは、デモン・ブルックス、クーリーの2人を中心に攻撃を組み立て、この10分間を23-15とした。60-49で迎えた第4クォーター開始34秒に古川孝敏に得点を許すと、カディーム・コールビー、ウィリアムス・ニカらにも得点を許し、計10連続失点。それでも田代直希が加点すると、落ち着きを取り戻し、最終スコア78ー71で琉球が白星を獲得した。

■試合結果
琉球ゴールデンキングス 78-71 秋田ノーザンハピネッツ(@沖縄市体育館)
琉球|18|19|23|18|=78
秋田|15|19|15|22|=71