2020.07.30

JBAが『BASKETBALL ACTION 2020』立ち上げを発表…8月16日に代表戦などを開催予定

『BASKETBALL ACTION 2020』立ち上げを発表した[写真]=兼子愼一郎
国内外のバスケ情報をお届け!

 7月30日、日本バスケットボール協会(以下JBA)は『BASKETBALL ACTION 2020』の立ち上げを発表した。8月16日に男子車いすバスケのデモンストレーション、男女3x3、男女5x5の試合などの“SHOW CASE”を行う。

『バスケで日本を元気に!』という理念のもと、活動を続けてきたJBA。2020-21シーズンは『超える力。叶える力』を活動テーマとし、それを体現すべく、『BASKETBALL ACTION 2020』を開催。その一つに“SHOW CASE”がある。

SHOWCASEは下記の通り。

【開催日】2020年8月16日(日)
【開催場所】国立代々木競技場第一体育館
【開催時間】
13:00 男子車いすバスケ デモンストレーション・タイムトライアル
14:00 男女3x3試合
16:00 男女5x5試合

 なお、SHOW CASEは無観客のリモートマッチとなる。試合は選手のコンディションを考慮し、長時間会場に留めておくことを避けるため、男女2チームを作り、例として第1クォーター10分は男子、第2クォーター10分は女子といったように進めていく予定だ。各カテゴリーのヘッドコーチが選手を選抜する。

 バスケットボールを『する』、バスケットボールを『観る』の2つを軸とする『BASKETBALL ACTION 2020』。記者会見では、“SHOW CASE”を発表したJBAの三屋裕子会長に続き、Bリーグの島田慎二チェアマンが具体的な活動を説明。その中には、新型コロナウイルス感染症の影響で、夏の大会が中止となった学生向けの『フリースロー大会』実施も発表された。この大会では5人一組でチームを作り、60秒間に何本決められるかを競う。最終学年の選手が最低1人含まれることが条件で、8月1日から14日までを前期大会、17日から31日までを後期大会として行う。動画をSNS上に投稿することで大会参加になるという。

 また、会ではJBAのトップパートナーであるソフトバンク株式会社の代表取締役副社長執行役員兼COOの榛葉淳氏が『BASKETBALL ACTION 2020』との関わりを紹介。『バスケットLIVE』での放送だけでなく、選手や関係者、ファンの人の安全や安心をサポートするために、AI温度検知ソリューション、唾液PCR検査の導入の検討をしていることも伝えられた。

 8月16日のイベントについては、新型コロナウイルス感染症における国や東京都の指針に従いながら大会実施の可否も含めて状況に応じて対応していくとのことだ。

『バスケで日本を元気に』のバックナンバー