2020.03.17

「いつもは声援をエナジーにして戦えるが…」ファン不在の試合に戸惑うカディーム・コールビー

「練習試合に近かった」と振り返るコールビー[写真]=鳴神富一
1981年、北海道生まれ。「BOOST the GAME」というWEBメディアを運営しながら、スポーツジャーナリストとしてBリーグを中心に各メディアに執筆や解説を行いながら活動中。「日本のバスケの声をリアルに伝える」がモットー。

 Bリーグが3月14日から無観客試合という形で再開した。B1に関してはFIBAアジアカップ2021予選での中断も含めると、約1カ月の中断期間となった。再開をしたものの普段アリーナにいるファン・ブースターがいない中でのゲーム開催、選手やコーチたちは率直に何を感じたのであろうか。3月15日に青山学院記念館で行われた、サンロッカーズ渋谷秋田ノーザンハピネッツのチャンピオンシップ出場を争うライバル同士の対戦後に話を聞いた。

「1日1日を大切にして自分ができることをする」

 日本にやってきて3シーズン目、過去にはBリーグでブロックショット王にも輝いた秋田ノーザンハピネッツカディーム・コールビー。いつもと違う環境下での試合再開に少し戸惑いを感じながらも、この試合でも懸命に戦った。

「試合をやっている感覚としてはどちらかというと練習試合に近かったのかなと思います。今日の試合のように第4クォーターまで競っている試合の中で、いつもだとファンの皆さんの声援をエナジーにして戦えるんですけど……それをチームメートやコーチの声で奮い立たせながら戦わなくてはいけなかったという印象ですね。なので、いつもとエナジーをもらえる部分が一つ減っていたという感覚を持っています」

 自身の弟もプロとしてヨーロッパでプレーをしていると話してくれた彼は、その弟とも話をして今回の件を共有している様子だった。その中で不安を感じながらも、自分自身ができることをしながら、地に足付けて生活している。

「ここ1カ月はコロナウイルスの拡大もあって、少し心配になることもありました。どちらかというと日本は他の国に比べると広がっていくスピードは遅いと思いますので、他の国よりは環境は悪くないのかなと思っています。Bリーグも延期になって、自分の弟もヨーロッパでバスケットボールをしているんですけど、そこのリーグも延期になって……今後どうなるか分からないという状況の中で、1日1日を大切にして自分ができることをしようと自分に言い聞かせながら過ごしていました」

取材・文・写真=鳴神富一