2023.02.09

【信州vsSR渋谷】連勝を目指す信州は栗原ルイスと生原秀将に期待…SR渋谷は高い守備力が問われる

元バスケットボールキング編集部。主に国内バスケ(Bリーグ、高校・大学バスケ)を中心に取材活動中。バスケでオウンゴールしたことあります。

信州ブレイブウォリアーズvsサンロッカーズ渋谷(@ホワイトリング)
GAME1:2月11日15時5分 GAME2:2月12日15時5分

 今節の信州ブレイブウォリアーズは、第18節の対戦で快勝したサンロッカーズ渋谷を迎え撃つ。勝率5割の信州としては、ホワイトリングで連勝を収めて中断期間に入りたいところだ。

 前節の信州はホームで川崎ブレイブサンダースとの接戦を繰り広げた。初戦は最終クォーターに30得点を積み上げて猛追したものの、2点差で黒星。だが、続くGAME2は同点で迎えた試合終了残り20秒からジョシュ・ホーキンソン岡田侑大の連続得点が決まって、75-74で勝利をもぎ取った。

 対するSR渋谷も、前節は広島ドラゴンフライズと星を分け合った。敵地で行われた2連戦は対象的な試合となり、GAME1は78-90、GAME2は92-74という最終スコアに。勝利したGAME2では第1クォーターで11点ビハインドを背負ったが、第2クォーターでは7本の3ポイントシュートが決まって一気に逆転。第3クォーターも27-14と上回り、連敗を「3」で止めた。

 第18節の試合では、アウェーの信州が第3クォーターで差をつけて20点差で勝利。8人での戦いを強いられながらもホーキンソン、岡田、前田怜緒が20得点超えをマークした。今節のホーム戦は、前回対戦時は欠場となった栗原ルイス生原秀将が連勝の立役者になることを期待したい。

 リベンジを狙うSR渋谷は、信州を上回るディフェンス力を発揮しなければならない。広島とのGAME2同様、相手の得点源に対して1人ではなくチームで守りきる意識を高め、ホーキンソンと岡田を封じれるかがポイントになる。

文=小沼克年

■ロスター
・信州(HC:勝久マイケル)
ドゥレイロン・バーンズ
熊谷航
栗原ルイス
マシュー・アキノ
前田怜緒
ジョシュ・ホーキンソン
サイモン拓海
三ツ井利也
ウィリアム・モズリー
生原秀将
ウェイン・マーシャル ※インジュアリーリスト
アンソニー・マクヘンリー
岡田侑大

・SR渋谷(HC:浜中謙)
関野剛平
ケビン・ジョーンズ
ベンドラメ礼生
小島元基
西野曜
ジェームズ・マイケル・マカドゥ
渡辺竜之佑
石井講祐
津屋一球
ライアン・ケリー
盛實海翔
田渡修人
井上宗一郎

BASKETBALLKING VIDEO