2024.02.11

横浜BCが千葉Jを延長戦で撃破してWユウキ対決は痛み分け…カイ・ソットが自己最多26得点

千葉Jの連勝を「12」で止めた横浜BC[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月11日、各地でB1リーグ第23節が開催され、横浜ビー・コルセアーズ千葉ジェッツとアウェーで対戦した。

 第1戦に79-89で敗れた横浜BCは、第1クォーターから河村勇輝が5アシストを挙げると、カイ・ソットは12得点と存在感を発揮。しかし、千葉Jにチーム全体でバランス良く得点を重ねられ、22-30と追いかける展開に。それでも、続く第2クォーターでは横浜BCが堅守を発揮し、杉浦佑成キング開の得点を軸に逆転に成功。49-40で試合を折り返した。

 迎えた第3クォーターではジェロード・ユトフが10得点を挙げるも、千葉Jのジョン・ムーニーに11得点と活躍を許し、同点に追いつかれて最終クォーターへ。ロースコアゲームとなった勝負の第4クォーター、一進一退の展開となるが、終盤にソットの得点で横浜BCがリードを奪う。しかし、試合残り28秒にムーニーの得点で千葉Jに同点とされ、オーバータイムへ突入する。

 延長戦でも互いに得点を奪い合い、手に汗握る攻防が繰り広げられる。富樫勇樹ゼイビア・クックスの得点で千葉Jにリードを奪われた横浜BCだったが、終盤にユトフの3ポイントで逆転すると、キングのカッティングからのレイアップで突き放し、最後は90-85で死闘を制した。

キャリアハイの得点に加え、ダブルダブルをマークしたソット[写真]=B.LEAGUE

 敵地でリベンジを果たした横浜BCは、ソットがキャリアハイの26得点に加え、11リバウンドを記録。さらに、ユトフが17得点8リバウンド、キングが13得点3スティール、杉浦が10得点、河村が7得点10アシスト5スティールをマークした。

 一方の千葉Jは、ムーニーが25得点9リバウンド、クックスが15得点13リバウンド、アイラ・ブラウンが14得点6リバウンド4ブロック、小川麻斗が10得点、富樫が9得点を挙げるも、連勝が「12」でストップした。

■試合結果
千葉ジェッツ 85-90 横浜ビー・コルセアーズ(@船橋アリーナ)
千葉J |30|10|26|11| 8|=85
横浜BC|22|27|17|11|13|=90

BASKETBALLKING VIDEO