2019.12.05

【ウインターカップ注目選手】米須玲音(東山)「より自由に試合を操るコート上のコンダクター」

1年次から東山の正ポイントガードを務める米須[写真]=佐々木啓次
国内外のバスケ情報をお届け!

12月23日から武蔵野の森総合スポーツプラザとエスフォルタアリーナ八王子で幕が開ける「SoftBank ウインターカップ2019 令和元年度 第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会」。今年度から出場チームが例年の男女各50チームから60チームに拡大し、頂点までの道のりは一層険しくなった。そんな高校バスケット界最高峰の大会を前に、バスケットボールキングでは今大会で注目すべき選手を紹介していく。

■ウインターカップ男子注目選手(2)米須玲音(2年/東山高校/京都)

「あいつの魅力は絶対的なアシストです」

 指揮を執る大澤徹也コーチの言葉どおり、米須玲音の魅力は何と言ってもパスだ。

 東山高校のゲームメイクを担う2年生ポイントガードは、広い視野からディフェンスが予測しづらいタイミングでチームメートにパスを供給する。もちろんパスだけでなく、状況を見極めて自らがゴールへアタックすることもできる選手である。

 今年の東山は米須とムトンボ・ジャン・ピエール(2年)の軸に加え、松野圭恭、脇阪凪人(ともに3年)、中川泰志(2年)の5人が先発に並び、どこからでも得点できることが最大の強み。そしてこれは変幻自在なパスが出せる米須とっても好材料だ。

「1年生の時は周りにあまり攻める選手がいなくて、ピックを使って自分で攻めたり、パスしたりすることが多かったです。だけど、今年は全員が得点できる選手なので、最初は周りにやらせて、調子が良かったらそのまま任せています。ウインターカップ予選の洛南(高校/京都府)戦でも周りが走って点数を取ってくれたので、自分は4得点でしたけど、結果的に14アシスト。今年は誰に出してもいいかなって感じなので、やりやすいですね」

中でもジャン・ピエールとのコンビネーションは相手にとって脅威だ[写真]=佐々木啓次

 1年生だった昨年のウインターカップは、米須にとって悔しい思い出しかない。2回戦の福岡第一高校(福岡戦)との試合で、ライバル視する河村勇輝(3年)とのマッチアップで計12個のタームオーバーを犯し、チームも54-83で敗れたからだ。しかし、今年のインターハイでは同じ相手を最後まで苦しめ、10月に新潟県で行われた胎内カップでは76-59で勝利した。今シーズン、東山は高校生チームとして唯一福岡第一から勝ち星を挙げており、ウインターカップへ向けて弾みをつけている。

 それでも米須は、「ウインターカップで勝たない意味がない」と福岡第一、ライバル・河村との再戦へ向け気を引き締め直す。「まだ勝ったという気持ちは全然ないです。ウインターカップで勝てば本当の勝ちになると思うので、第一を倒して優勝したい気持ちはあります」。

 ともに勝ち進めばウインターカップ準決勝で相対する東山と福岡第一。そして高校生活では最後となる米須vs河村の対決は、今大会のハイライトになること間違いなしだ。

文=小沼克年

ウインターカップ2019のバックナンバー