2020.10.13

【UNSEEN PROBLEM】つくば秀英高校・齊藤雄都『知る人ぞ知る茨城のスラッシャーマシン』

「参考にしている選手はアルバルクの小酒部選手」と齊藤 [写真]=金田慎平/バスケットボールキング
国内外のバスケ情報をお届け!

日本中で15万人がプレーする高校バスケ。全国区の強豪校以外にも、とんでもないポテンシャルを持った逸材が隠れている。

そんな、まだ見ぬPROBLEM(プロブレム=ヤバい奴)たちにスポットライトを当て、バスケファンにご紹介する企画、それが『UNSEEN PROBLEM』だ。

コロナ禍の影響で高校生がその実力を披露する舞台が激減してしまった2020年。知られざる逸材を、知られないまま埋もれさせないためにballaholicがクリエーションした映像で、バスケットボールキングがお届けする!

『一般社団法人スポーツを止めるな』もサポートするこのプロジェクトの3回目はつくば秀英高校(茨城県)の齊藤雄都。茨城では知る人ぞ知る存在で、バスケットボールには欠かせない広いウイングスパンが印象的だ。ひとたびボールを持てば一直線にリングを目指すスラッシャーに直撃!

試合後の打ち込みで3ポイントシュートを練習中

得意なプレーはドライブだが、3ポイントシュートも練習中[写真]=金田慎平/バスケットボールキング

――まず自己紹介からお願いします。
齊藤
 齊藤雄郡(さいとう・おと)、つくば秀英高校3年、ポジションはスモールフォワード(SF)、身長は185センチ、体重は78キロです。1試合の最高得点は33です。

――バスケをいつ始めて、その理由を教えてください。
齊藤
 バスケを始めたのは小学校4年生です。父もバスケをしていたのですが、3つ上の姉がミニバスをしていたので、2年生のころから練習についていくとボールで遊んでいました。それがきっかけです。ミニバスのチームは龍ケ崎パイレーツで、自分たちの1つ上の代の時にできて、僕らが6年生になった時、初めて県大会に出ましたが1回戦負けでした。

――中学は?
齊藤
 地元の城ノ内中学に通いました。3年生の時に県南大会でベスト8まで行ったのが最高の成績です。

――ジュニアオールスターは?
齊藤
 選ばれましたが、予選リーグで敗退です。静岡県と島根県と同じグループに入って、静岡が決勝トーナメントに進出しました。

――つくば秀英高校に進学した理由を教えてください。
齊藤
 中学の時の引退試合を稲葉(弘法)先生が見てくれていて。知り合いにつくば秀英のOBがいて、その方を通じて声をかけていただいて、高校の練習に参加しました。自分としては高校でもバスケを続けることは決めてなかったのですけど、練習の雰囲気が良かったし、チャレンジしてみようと思って進学を決めました。

――つくば秀英で教わりたかったことは?
齊藤
 攻守の切り替えが早いので、自分に合っていると思いました。自分はドライブが多いのですけど、それを生かすこともできるのではとイメージしました。

――身長は?
齊藤
 中学に入学したときは161センチでしたが、卒業する時は180に届くかどうかという感じで。今は185センチあります。

――中学ではインサイド中心でしたか?
齊藤
 それはないです。というより全部1人でやってた感じです。ミニでハンドリングやドリブルをしっかり教わっていたので、ドライブも得意でした。一番好きなプレーはドライブからのレイアップシュートです。

――3ポイントシュートは?
齊藤
 結構練習はしています。でも中でのドライブが多いですね(笑)

――昨年はウインターカップに出場しました。
齊藤
 ワクワクでした。

――3年生と一緒にコートに立ちましたが、どれくらい力を出せましたか?
齊藤
 半分くらいです。やっぱりドライブだけでは通用しないなと感じて、そこからスリーの練習をしています。

――3ポイントは入るようになりましたか?
齊藤
 前よりは(笑)。でも自信はまだないです。全体練習が終わった後、個人練習でだいたい100本打っています。

引退した3年生の分まで頑張りたい

先に引退した3年生の分まで頑張りたいと齊藤は誓う[写真]=金田慎平/バスケットボールキング

――つくば秀英はどんなチームですか?
齊藤
 決して大きくはないのですが、しっかりディフェンスして、しっかりリバウンドやルーズボールを押さえて。そこから速攻を仕掛けるチームです。

――参考にしている選手はいますか?
齊藤
 アルバルク東京小酒部泰暉選手です。小酒部選手は身体能力が高く、インサイドもアウトサイドもできるので、そういうところを見習っています。

――アルバルクにはつくば秀英出身の小島(元基)先輩もいますが?
齊藤
 小島さんはよく練習に顔を出していただいています(笑)

――インターハイが中止になった時を振り返ってもらっていいですか?
齊藤
 それを目指して練習をしてきたのでショックでした。しかし、すぐにウインターカップを向けて頑張ろうと気持ちを切り替えました。

――学校は?
齊藤
 休校になったので、オンライン授業になりました。授業が終わると、トレーナーさんから届いたメニューをやったり、それにプラスして走ったりシューティングをしていました。

――近くにリングがあるのですか?
齊藤
 ちょっと遠いんですが、3キロぐらいのところにあって。そこまで走っていってシューティングをしていました。

――チームメートとのコミュニケーションはどのように取りましたか?
齊藤
 1週間に1回くらい、アプリで稲葉先生も含めて話をしました。

――記憶に残っている先生の言葉は?
齊藤
 インターハイの中止が決まって部活を引退した3年生がいるので、その分まで気持ちを汲み取って頑張らないといけないと話をしてくださいました。3年生は16人いたのですが、6人が引退して、今は10人で頑張っています。

――今後の進路を教えてください。
齊藤
 大学でもバスケをしたいです。できればインカレで活躍できるような選手になりたいと思います。

――将来は?
齊藤
 はっきり決めてはいませんが、Bリーグでプレーできればと思っています。

UNSEEN PROBLEMを探せ!のバックナンバー