2020.02.19

3x3男子日本代表が強化合宿を公開…東京五輪に加え、アジア杯へ向けた選考レースがスタート

18日から第5次強化合宿をスタートさせた3x3日本代表チーム[写真]=加藤誠夫
バスケ情報専門サイト

 2月18日、3×3男子日本代表チームは東京2020オリンピックに向けた強化活動の一環として第5次強化合宿をスタート。18日から20日までの期間、味の素ナショナルトレーニングセンターで行われる同合宿は初日のみ報道陣に公開された。

 参加メンバーには落合知也越谷アルファーズ/TOKYO DIME.EXE)、小松昌弘(TOKYO DIME.EXE)の経験豊富なベテラン勢に加え、小林大祐茨城ロボッツ/UTSUNOMIYA BREX.EXE)、杉浦佑成サンロッカーズ渋谷/TACHIKAWA DICE.EXE)、西野曜(専修大学3年/秋田ノーザンハピネッツ/BEEFMAN.EXE)ら計10名が参加。このメンバーは昨年11月の第3次強化合宿、今年1月の第4次強化合宿とまったく同じ選手たちが名を連ねており、今後もこの10名を中心にオリンピックへ出場する選手選考が行われる、ということがうかがえた。

 報道陣に公開された練習では、約15分間のウォーミングアップが終わると、その後はボールを使ったシュートドリルや3対3のメニューに多くの時間を割いた。終盤には別メニューで調整していたアイラ・ブラウン大阪エヴェッサ)も通常練習に合流。試合時間残り3分の時点で13-13、ともに4ファウルというシチュエーションからゲームを開始するなど、より「頭を使う」(小松)メニューも行われた。

 選手たちは時より笑顔を見せながらも、フィジカルコンタクトは本番さながらの激しい当たりを披露。トーステン・ロイブルディレクターコーチをはじめとするコーチ陣からも事細かに指示が飛び、練習場は終始引き締まった雰囲気であった。

B2茨城ロボッツでもプレーする小林[写真]=加藤誠夫

 約2時間にわたる公開練習後、取材に応じたロイブルコーチは、今回の合宿を「FIBA3x3アジアカップ」へ向けた選手選考も含まれていることを明かした。

Bリーグスケジュールの関係で、なかなか合宿ができませんが、5月のアジアカップの選手選考をここで済ませなくてはいけません。(エントリーメンバーの)6人を選抜するための合宿と位置付けています」

 オリンピックへ向けては「いくつか超えなくてはならないハードルがある」と述べ、「チームとして出れることは確約されていますが、選手が出れるかは獲得得点などの条件によるので、どれだけ彼らに点を取らせるかが自分たちの課題になってきます」と言及した。

 オリンピックに出場できる選手は、予備メンバーを含む6名中4名をFIBA個人ランキングの日本人上位10位以内から選ばなければならない。残りの2名は6月22日時点で日本人上位50位以内に入っていること、もしくは54000ポイントを保持していることが出場への条件となる。

 ロイブルコーチは、まだポイントが少ないBリーガーを例に挙げ、「国際トーナメントのシーズンは4月から始まります。4月、5月はBリーグがシーズン中ですが、6月22日までに出られる大会を探して、ポイントを稼いでほしい」と思いを明かし、「6月22日にどの選手がオリンピックに出場可能かが発表されます。その中から6人を選んで、オリンピックに向け強化していきたい」と今後を見据える。

ロイブルコーチは6月22日を一つの“締め切り”と捉えている[写真]=加藤誠夫

「落合などは十分な得点を稼いでいますが、他の選手たちはこれからどれだけポイントを取れるかは分からない。ただ、締め切りまでにここにいる選手にできるだけポイントを取ってもらって、国内トップ10に何人入れるかが勝負になると思います」

 悲願のオリンピック出場へ向け、選手たちは残りの期間でどのようなプロセスを踏んでメンバーに生き残るかを改めて考える必要がありそうだ。

同合宿は20日まで行われる[写真]=加藤誠夫

文=小沼克年

BASKETBALLKING VIDEO