2023.09.28

富士通レッドウェーブが川崎市長を表敬訪問…宮澤は「富士通のバスケを楽しいと思っていただけるように」

中央の福田川崎市長を表敬訪問した富士通レッドウェーブのスタッフ、選手 [写真]=バスケットボールキング
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月28日、Wリーグの2023−24シーズンの開幕を前に富士通レッドウェーブのスタッフ、選手が、地元川崎市の福田紀彦市長を表敬訪問した。参加したのは丸山茂実部長、吉田大輔ジェネラルマネージャー、BTテーブスヘッドコーチ、そして、キャプテンの宮澤夕貴、副キャプテンの町田瑠唯と内尾聡菜の6名。シーズンに向けて意気込みを語った。

 昨シーズンの富士通は終盤にケガ人が出たこともあり、プレーオフのクォーターファイナルで敗退。今シーズンはチームスローガンに「PRIDE & PASSION」を掲げ、移籍で日本代表の林咲希を獲得、さらに即戦力の新メンバーが加えて、来るシーズンへの準備を進めている。

 福田市長から、前日にその林が出場しているアジア大会で女子日本代表が初登場したホンコン・チャイナ戦の快勝について話題が振られると、「最初のシュートを決めたのはその林です」とテーブスHCが笑顔で回答。「男子代表のワールドカップでの活躍もあり、バスケットボール界が盛り上がっています。去年ケガで悔しい思いをした分、今シーズンに期待しています」と、市長から激励の言葉を受けた。

 キャプテンの宮澤は「富士通のバスケットボールが楽しいと多くの方に思っていいただけるようにプレーを目指します。一緒に川崎を盛り上げていければいいなと思っています」と、決意を語った。

「バスケットボール界の盛り上がりを感じています」と話した福田市長 [写真]=バスケットボールキング


 川崎市には川崎ブレイブサンダース、川崎フロンターレをはじめ、多くのチーム、選手が活躍するスポーツが盛んなエリア。富士通レッドウェーブは、スポーツ教室の開催や公式戦への市民の招待、スポーツイベントへの選手派遣など、地域への貢献活動を積極的に行っている。今シーズンは市民の声援を受けて、2007年以来のリーグ制覇、2008年以来の皇后杯優勝を目指すことになる。

BASKETBALLKING VIDEO