2024.04.18

接戦を制したシクサーズが東7位の座を獲得…ヒートを下してプレーオフへ

23得点15リバウンドを記録したジョエル・エンビード [写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 4月18日(現地時間17日)、「NBAプレーオフ2024」に向けたイースタン・カンファレンスプレーイン・トーナメントが行われ、フィラデルフィア・セブンティシクサーズがホームのウェルズ・ファーゴ・センターでマイアミ・ヒートと対戦した。

 トバイアス・ハリスタイリース・マクシーの得点で始まった第1クォーターは開始5分53秒の時点で12-4。好スタートに成功したものの、中盤以降に失点がかさみ、22-23と1点ビハインドで最初の12分間を終えた。

 続く第2クォーターは終始追いかける展開。ニコラ・バトゥーム3ポイントシュートなどで追いすがったが、39-51と点差を広げられた。

 後半はバトゥームの3ポイントなどで接戦に持ち込み、同点で迎えた試合終了残り36秒にケリー・ウーブレイJr.が“3点プレー”。終盤は逃げきりに成功し、最終スコア105-104で勝利を収めた。

 シクサーズはジョエル・エンビードが23得点15リバウンド5アシスト、バトゥームが6本の3ポイントなどで20得点、マクシーが19得点6アシスト、ウーブレイJr.が11得点8リバウンドを記録イースタン・カンファレンス7位として、ニューヨーク・ニックスが待つプレーオフに進む。

 一方のヒートはシカゴ・ブルズvsアトランタ・ホークスの勝者とイースタン・カンファレンス8位の座を争う。

試合結果
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ 105-104 マイアミ・ヒート
PHI|22|17|30|36|=105
MIA|23|28|23|30|=104

BASKETBALLKING VIDEO