2019.09.15

フランスが15点差をひっくり返し逆転勝利、オーストラリアを下し3位でW杯を終える

フランスは銅メダルを獲得[写真]=fiba.com
国内外のバスケ情報をお届け!

 9月15日に中国にて「FIBAバスケットボールワールドカップ2019」の3位決定戦が行われ、フランス代表(FIBAランキング3位)とオーストラリア代表(同11位)が対戦した。

 第1クォーター、パティ・ミルズ(サンアントニオ・スパーズ)の3ポイントなどで先行を許したフランスは、開始から約6分間で4得点に抑えこまれる苦しい展開に。その後も流れを掴むことはできず、前半を21‐30の9点ビハインドで終えた。

 後半に入っても、停滞したオフェンスが続き点差を15点まで広げられる。しかし、ここからニコラス・バトゥーム(シャーロット・ホーネッツ)が得点、アシストでチームを引っ張りフランスが反撃開始。42―46で最終クォーターへ向かった。

 最後の10分間もフランスペースで試合は進む。開始59秒にナンド・デ・コロがフリースローを沈め、この試合初めてのリードを奪った。その後はシーソーゲームとなったが、試合終了残り2分6秒にルディー・ゴベール(ユタ・ジャズ)がこの日初得点を挙げリードを4点まで広げると、そのリードを守りきり最終スコア67ー59で勝利。

 この試合の結果、フランスが3位、オーストラリアが4位でワールドカップを終えた。

■試合結果
フランス 67-59 オーストラリア
FRA|11|10|21|25|=67
AUS|16|14|16|13|=59