2019.02.03

栃木ブレックスが快勝で第1戦のリベンジ成功、千葉ジェッツは連勝ストップ

第4クォーター、速攻からダンクを決めた比江島慎 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月3日にブレックスアリーナ宇都宮でB1リーグ第23節第2戦が行われ、栃木ブレックスが14連勝中の千葉ジェッツと対戦した。

 第1戦のリベンジに燃える栃木は試合開始早々に鵤誠司が3ポイントを決め、遠藤祐亮が追加点をマーク。第1クォーターは遠藤の10得点などでリードを奪うと、続く第2クォーターではライアン・ロシターの活躍などで点差を広げた。

 しかし、第3クォーターは千葉の反撃に遭い、残り4分29秒に46-45と1点差。それでも直後に遠藤が得点を挙げると、ロシターと竹内公輔のフリースロー、ジェフ・ギブスのジャンプショット、渡邉裕規の3ポイントで相手を突き放した。11点差で迎えた最後の10分間もリードを広げ、最終スコア82-64で快勝。東地区首位攻防戦を1勝1敗で終え、千葉とのゲーム差は「2」のまま変わらなかった。

【試合結果】
栃木ブレックス 82-64 千葉ジェッツ(@ブレックスアリーナ宇都宮)
栃木|20|17|21|24|=82
千葉|13|10|24|17|=64

この試合の他の記事