2020.08.26

西宮ストークス、アレクサンダー・ジョーンズと期限付き契約合意

期限付きの契約が発表されジョーンズ [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 西宮ストークスは8月26日、アレクサンダー・ジョーンズと期限付きで選手契約を合意したことを発表した。

 アメリカ出身の同選手は、206センチ、110キロでセンターを務める。シアトル大学を卒業後、ドイツのリーグを経て、2013年に来日。ファイティングイーグルス名古屋八王子ビートレインズを経て、昨季は越谷アルファーズでプレーし、シーズン途中で茨城ロボッツへ移籍した。昨季は2クラブで、計29試合に出場し、557得点(1試合平均19.2得点)、351リバウンド(同12.1リバウンド)をマークした。

 契約が発表された同選手はクラブ公式HPにて「日本での8シーズン目をスタートできることを嬉しく思います。チームとともにハードワークし、ファンのみなさんと会えることを楽しみにしています。そして、クラブの成功のために出来る限りの力をすべて注ぎます」と意気込みを述べた。

 なお今回の契約は、「外国籍選手の追加契約ルール」に則して合意された。すでに契約が発表されているアレックス・ルオフ、シェイク・ムボジデクアン・ジョーンズの入国およびチーム合流までの契約となる;。