2020.11.15

北海道が激しいつばぜり合いを制し、連敗を7で止める…メイヨがキャリアハイの37得点を記録

メイヨがキャリアハイの37得点を記録し、チームを勝利へ導いた[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 11月15日、各地でBリーグ第9節が行われ、新潟アルビレックスBBレバンガ北海道が対戦した。

 最初にペースを握ったのは北海道。ニック・メイヨ内田旦人らが効率良く得点を重ね、15-26と大きくリードして第1クォーターを終える。第2Qは新潟の反撃に遭うが、34-44と北海道がリードして後半へと進む。

 前半は北海道が主導権を握ったものの、後半は新潟が優位に試合を進める。ジェイソン・ウォッシュバーンのインサイドアタックや、林翔太郎のフリースローからじりじりと追い詰め、第3Q終了時点で53-54と1点差となる。

 第4Qはまさしく一進一退の攻防に。互いに譲らず得点を重ねる中、試合残り1分8秒にメイヨがスリーポイントシュートを沈め、68-75とリードを広げる。新潟も五十嵐圭納見悠仁のスリーポイントシュートで詰め寄るが、北海道はファールゲームで得たフリースローを確実に沈め、76-82で勝利した。北海道は連敗を7で止めた。

 北海道のメイヨはキャリアハイとなる37得点をマーク。新潟はウォッシュバーンが今シーズン最多となる26得点を挙げたが、一歩及ばなかった。

■試合結果
新潟アルビレックスBB 76-82 レバンガ北海道(@リージョンプラザ上越)
新潟|15|19|19|23|=76
北海道|26|18|10|28|=82