2021.01.22

4連敗中の京都ハンナリーズ、リバウンドを徹底して琉球ゴールデンキングスを破りたい

1986年生まれ。バスケットボールのライターとして3x3が得意領域。国内外のトレンドを追い、競技の歴史を紡いでいます。5人制もbjリーグ時代から、Bリーグに至るまでカバー。また毎年の楽しみは代々木のALLDAYに行くこと。

京都ハンナリーズvs 琉球ゴールデンキングス(@ハンナリーズアリーナ)

第1戦:1月23日15時5分 第2戦:1月24日14時5分

 連敗ストップと2021年の初勝利を目指して西地区8位・京都ハンナリーズがホームで、同2位の琉球ゴールデンキングスを迎え撃つ。

 4連敗中の京都はもう一度、ディフェンスを立て直したいところ。昨年12月のバイウィーク明けに失点を抑え、成長の兆しを感じさせたが、直近4戦は再び逆戻りの印象だ。特に前節の新潟アルビレックスBB戦ではリバウンドからチャンスを与えてしまい、第2戦ではリードして第4クォーターを迎えたが、ミスも絡んで32失点を喫した。ただ208センチのパワーフォワード、ジャスティン・ハーパーが怪我から復帰を遂げており、彼をチームへフィットさせ、浮上のきっかけにしたい。

 一方、琉球は年末年始に東地区の千葉ジェッツ川崎ブレイブサンダースと対戦して2勝2敗。粘り強いディフェンスを40分間続け、攻撃ではチームで3ポイントシュートを数多く生み出し、上々の試合運びを見せた。しかし、1月13日の天皇杯3次ラウンドではシーホース三河に敗戦。オフェンスリバウンドを許し、リーグ戦の過去4戦と比べてアシストや3ポイントシュート試投数が減るなど、チームで攻撃をクリエイトする場面が少なかった。ここはしっかりと切り替えたい。

 今節、京都はまずリバウンドを徹底できるか。琉球はリーグナンバーワンのリバウンダーであるジャック・クーリーを中心に、日本人選手も球際に強い。この攻防で互角に渡りあうことが白星に近づく第一歩。対する琉球はドライブやパスを織り交ぜ、全員でオフェンスを構築していきたい。京都はディフェンスにほころびの出る場面が散見されるだけに、見逃さずに突けば試合を有利に進めていけるだろう。

文=大橋裕之

■ロスター

・京都(ヘッドコーチ:小川伸也)

寺嶋良

會田圭佑

大庭岳輝

久保田義章

松井啓十郎

満田丈太郎

レイヴォンテ・ライス

石谷聡

細川一輝

ジャスティン・ハーパー

内海慎吾

永吉佑也

デイヴィッド・サイモン

・琉球(ヘッドコーチ:藤田弘輝)

石崎巧

船生誠也

並里成

ナナーダニエル弾

ドウェイン・エバンス

岸本隆一

セドリック・シモンズ

田代直希

今村佳太

満原優樹

小野寺祥太

キム・ティリ ※インジュアリーリスト

ジャック・クーリー

牧隼利

この試合の他の記事

BASKETBALLKING VIDEO