2017.12.28

2度の延長にまでもつれた大激戦を制した大阪桐蔭がウインターカップ初優勝!

8本の3ポイントを含む27得点3アシスト3スティールと殊勲の活躍だった大阪桐蔭の鈴木[写真]=兼子慎一郎
バスケ情報専門サイト

 12月28日、東京体育館で「ウインターカップ2017 平成29年度 第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会」が開催。大会6日目の第2試合では、安城学園高校(愛知県)と大阪桐蔭高校(大阪府)による女子決勝戦が行われた。

 大阪桐蔭は、竹原レイラを中心に攻めようとするも、安城学園が巧みなディフェンスを敷いてきた。ボールを受けようとする際には竹原の前後にディフェンダーを配置したり、ボールを持ってからダブルチームでカバーするなどのディフェンスを遂行。竹原を前半、フィールドゴール6投中1本成功のみの3得点に抑えた。大阪桐蔭は鈴木妃乃が前半だけで3本の3ポイントシュートを決めるなど前半途中まで安城学園からリードを奪う。

試合をとおして安城学園のディフェンスに苦しめられた大阪桐蔭の竹原[写真]=兼子慎一郎

 しかし、安城学園は千葉暁絵が4本の3ポイントシュートを成功させて12得点、野口さくらもドライブでバスケットカウントを奪うなど12得点を挙げて応戦。第2クォーター途中から逆転し、主導権を握った。前半を終えて、安城学園が38-30とし、大阪桐蔭から8点をリードする。

安城学園の深津は11得点11リバウンドと活躍。3ポイントシュートも決めてみせた[写真]=兼子慎一郎

 迎えた後半。大阪桐蔭は開始から約3分、無得点の状況の中、徐々にリードを広げる安城学園。すると大阪桐蔭は永井唯菜が奮起。第3クォーターだけで8得点を記録する活躍を見せて何とか食らい付き、安城学園が55-45の10点差で最終クォーターへ。

 第4クォーターに入ると、大阪桐蔭が追い上げる。鈴木が2本の3ポイントシュートを決めるなど56-57と1点差まで詰め寄った。そして残り約2分に竹原の得点で1点差、同1分22秒には鈴木がこの日6本目の3ポイントシュートがヒットし、66-66の同点に追いついた。しかし、そこから両チームとも得点できず、試合は延長へ。

 延長で先取点を挙げたのは大阪桐蔭の鈴木だった。しかし、千葉、野口の得点で安城学園が加点し、リードを奪う。そして残り約15秒、 永田舞の3ポイントシュートが決まり、勝負ありかと思われた中、残り約3秒で安城学園の深津がリング下で得点し、試合は2度目の延長に進む。

21得点4スティールを挙げた安城学園の野口[写真]=兼子慎一郎

 2度目の延長、安城学園は相澤らが得点する中、残り約2分38秒で竹原が5ファウルとなり退場。しかし、大阪桐蔭の鈴木が8本目の3ポイントシュートを決め、ドライブでも得点して逆転に成功する。ところがその直後に相澤が再び得点し、安城学園が残り約1分20秒で84-83。すると残り50.9秒、鈴木のドライブで千葉をファウルアウトに持ち込み、フリースローを1本決めて84-84の同点となった。直後のオフェンスで痛恨のターンオーバーを犯してしまった安城学園に対し、大阪桐蔭は残り6.7秒に鈴木からのパスを受けた小林明生のリング下が決定打となり、最終スコア86-84で大阪桐蔭が初優勝を決めた。

■女子決勝戦試合結果
安城学園高校(愛知県) 84-86 大阪桐蔭高校(大阪府)

BASKETBALLKING VIDEO