2019.02.23

【卒業特集】北川聖(大阪薫英)の高校3年間「バスケの技術だけじゃなく礼儀を学んだ」

北川はキャプテンとしてもチームを引っ張った[写真]=新井賢一
国内外のバスケ情報をお届け!

2月上旬、都内で実施された3x3女子日本代表の強化合宿には、全15名の候補メンバーうち「SoftBankウインターカップ2018 平成30年度 第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会」にも出場した高校3年生が8名招集された。そこで、もうすぐ高校生活を終えて次なる道へ進む彼女たちに、3年間の思い出や今後の抱負などを聞いてみた。

インタビュー=小沼克年

■北川聖(大阪薫英女学院高校/大阪府)

――初めて3x3をやってみた感触はどうでしたか?
北川 5対5とはまた違った感じで楽しかったです。疲労もありましたが、それよりも楽しさが勝ちました。

――今振り返ってみて、どんな高校3年間でしたか?
北川 1年生の時はウインターカップでベスト4になったんですけど、自分がスタートでやらせてもらった次の代ではウインターに出ることができなくて、負けが多かった年でした。自分たちの代になってからはキャプテンもやらせてもらい、どんな試合でも勝ちにこだわってやるようにしました。チームをまとめる難しさとかは、中学の時もやっていなかったので結構しんどかったですけど、怒られながらも周りに助けられながらがんばって、最後ウインターカップ準優勝になれたのはすごくよかったかなと思います。

――3年間で一番学んだことは?
北川 技術だけじゃなくて人間性だったり、礼儀を(安藤香織)先生には強く教えてもらいました。「人の気持ちを考えろ」とか、「バスケは習慣のスポーツだから、それが全部コートに出るんだ」とか。私生活から挨拶ひとつにしても止まって挨拶したり、すごい細かい部分も自分たちで徹底してやっていました。

――3年間で一番楽しかったことは?
北川 2年の時に修学旅行でシンガポールに行ったことです。とくに『メガジップ(アドベンチャー・パーク)』(※現在、名称はメガ・アドベンチャーパークに変更)と水族館。安藤先生も一緒に回ったんですけど、めっちゃ楽しかったです。

――後輩たちへのメッセージをお願いします。
北川 自分たちはウインター準優勝で終わってしまったんですけど、下級生には日本一になったところを見せて、次につなげてほしいという思いはありました。準優勝で終わった分、もう一度基本からがんばって、次はインターハイでもウインターカップでも優勝してほしいなって思います。

――最後に今後の抱負をお願いします。
北川 オフェンスでドライブからの最後の合わせだったり、シュート力も自分はまだ足りていないです。ウインターカップもそこが攻めきれなくて負けてしまったので、大学へ行ったらどんな相手でもシュートを狙ったり、強気なドライブをもっと磨いていこうと思います。

ウインターカップ2018のバックナンバー