2019.03.19

【卒業特集】野口さくら(安城学園)の高校3年間「思い出の試合は2年次のウインターカップ決勝」

3年次では思うような結果が残せなかった野口[写真]=兼子慎一郎
国内外のバスケ情報をお届け!

3月中旬に都内で実施されたU19女子日本代表候補による第1次強化合宿には、17名の候補メンバーうち高校3年生(※2月27日現在)が12名招集された。そこで、高校生活を終えてもうすぐ次なる道へ進む彼らたちに、3年間の思い出や今後の抱負などを聞いてみた。

インタビュー=入江美紀雄

■野口さくら(安城学園高校/愛知県)

――今回の合宿の手応えはいかがですか?
野口 U16、U17の代表の時もオーさん(萩原美樹子ヘッドコーチ)だったので、求めていることは結構理解できるようになりました。でも、このメンバーとやるのが初めてで……。そうなると、周りのレベルも高いですし、自分の求められることも変わってきたので、まだまだ足りないことがいっぱいあると感じた合宿でした。

――今振り返ってみて、どんな高校3年間でしたか?
野口 厳しかった、辛かった部分も多かったですけど、楽しかったです。あっという間でした。(金子寛治)先生がすごい優しくて、コート上ではしっかり注意してくれたり、勝つためには何が必要なのかを指導してくれました。でもコートを離れたらお父さん的存在で、楽しくコミュニケーションが取れました。

――3年間で一番学んだことは?
野口 ウインターカップで2位になった2年生の時に、優勝まであと一歩届かなくて、「今まで以上の努力をしなきゃいけない」ということを学んだんですけど、自分の代では結果が残せなかったので口だけになってしまいました。高校生活では、努力しようと思っても行動で示せなかった部分があったので、今後はそうならないようにしっかりやっていきたいです。

――思い出に残ってる試合とその理由を教えてください。
野口 やっぱり2年生の時のウインターカップ決勝が思い出に残ってます。決勝の舞台に立てた嬉しさと、(大阪桐蔭高校に)負けた悔しさをそこで経験できました。

――3年間で一番楽しかったことは?
野口 寮での生活。誰か誕生日の人がいれば集まったり、オフの日はみんなでご飯や鍋、トランプをしたりしたことが楽しかったですね。

――後輩たちへのメッセージをお願いします。
野口 自分たちと1つ前の先輩ができなかった日本一になってほしいという願いもあるし、安城学園のバスケットを今まで以上に良くしてほしいなと思います。

――最後に今後の抱負をお願いします。(※野口はシャンソン化粧品 シャンソンVマジックへアーリーエントリーで入団)
野口 1年目だけど、スタートとしてコートに立てるようにがんばりたいというのが今の目標です。あとは、東京オリンピックは間に合いそうにないですけど、その4年後のオリンピックにはしっかり代表のユニフォームを着てコートに立てるようにしたいと思います。

ウインターカップ2018のバックナンバー