2024.03.21

シュルーダーとの再マッチアップに心を静かに燃やす河村勇輝…「すごく楽しみです」

五輪の組み合わせが決まり、ドイツとの再戦に向けて静かに闘志を燃やす河村勇輝 [写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 3月20日、B1リーグ第26節の富山グラウジーズ戦に出場した横浜ビー・コルセアーズ河村勇輝が試合後にメディア対応し、同日未明に決まった「パリ2024オリンピック競技大会」の組み合わせについて、「すごく楽しみです」と感想を述べた。

 昨夏のFIBAワールドカップ2023で出場国中、アジア1位になりパリオリンピックへの出場権を獲得した日本代表FIBAランキング26位)は、同大会を初めて制したドイツ(同3位)、開催国のフランス(同9位)、そして、FIBAオリンピック世界最終予選OQT)ラトビア会場の勝者と同組になることが決定した。ドイツとはワールドカップの予選ラウンドの初戦で戦ったチームであり、フランスはワールカップや東京オリンピック前の強化試合で相まみえた経験がある。

 それもあり、河村は「特にドイツもフランスも幾度のなく戦ってきた相手であり、直近の大会では敗れているので、リベンジするにはいい機会だと思います」とコメント日本代表トム・ホーバスヘッドコーチはパリオリンピックでの目標を「ベスト8」と設定したが、「(ホーバスHCが掲げた)目標を達成するには勝たなければいけない相手だと思いますので、すごく楽しみです」と前を向いた。

 ワールドカップでは、初めての世界規模の大会でコートに立った河村。そのときマッチアップしたドイツのデニス・シュルーダーブルックリン・ネッツ)について、「クレバーな選手だと思いました。スピードだけではなくて、緩急や体の使い方が参考になりました」と感想を語っていた。オリンピックでは再びマッチアップすることになるが、「(ドイツ戦では)初めてのワールドカップでうまくプレーできなかった悔しさが残っています。その後のワールドカップでの経験であったり、その経験を得てプレーする今シーズンのBリーグで緩急であったり、見方を生かすところと自分が点を取るバランスなどをビーコルでプレーする中で上達、トライができていると思います」と、シュルーダーから得た刺激を今シーズンのプレーで生かしていることを明かした。

 そして、「なので、シュルーダー選手に挑戦したいです。またドイツを相手に戦えるということは、自分がどれだけ成長できたのかをわかりやすく感じられるので、個人的にはリベンジするにはいい機会だなと思っています」と、力を込めた。

 なお、パリ2024オリンピックバスケットボール競技は、7月27日から8月4日にかけて開催。各グループの上位2チームに加え、3位チームのうち上位2チームを含めた合計8チームが準々決勝に進出する。

■「パリ2024オリンピック競技大会」男子 組み合わせ

グループA
OQT(スペイン会場)、オーストラリアカナダOQTギリシャ)、

グループB
ドイツ、OQT(ラトビア会場)、フランス、日本

グループC
アメリカ、セルビアOQT(プエルトリコ会場)、南スーダン

BASKETBALLKING VIDEO