2024.02.12

宮崎早織と山本麻衣のガードコンビがオールスター5に輝く…日本のOQT突破に貢献

オールスター5に選出された宮崎(左)と山本(右)[写真]=fiba.basketball
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月11日(現地時間)、ハンガリーのショプロンで開催された「FIBA女子オリンピック世界最終予選(OQT)」が閉幕し、オールスター5が発表された。

 ハンガリー、ベルギー、中国、ブラジルの4つの会場で行われたOQT。女子日本代表は2勝1敗の成績を残し、ハンガリー会場のグループの首位に立ち、パリオリンピックへの出場権獲得を果たした。

 同会場のオールスター5には、ドルカ・ユハス(ハンガリー)、ラケル・カレラ(スペイン)、カイラ・アレクサンダー(カナダ)らが選ばれると、日本からは宮崎早織(ENEOSサンフラワーズ)と山本麻衣(トヨタ自動車アンテロープス)が選出された。

 山本は3試合で平均17.0得点3.7リバウンド3.7アシスト1.0スティールを挙げ、ハンガリー会場のMVPにも輝くと、宮崎は平均13.0得点6.0アシストをマーク。持ち前のスピードにより攻防両面で相手を翻弄し、日本の勝利に大きく貢献した先発ガードコンビが、オールスター5に名を連ねることとなった。

BASKETBALLKING VIDEO