2019.03.12

ハッスルの渡邊雄太、26得点11リバウンドの大活躍…フリースローは8本すべて成功

2試合連続で“ダブルダブル”を記録 [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月12日(現地時間11日)、メンフィス・グリズリーズと2way契約を結ぶ渡邊雄太が、メンフィス・ハッスルの一員としてスーフォールズ・スカイフォース戦に先発出場した。

 渡邊は第1クォーターだけで10得点と躍動すると、続く第2クォーターでも4得点4リバウンドの活躍を見せ、チームは70-57で前半終了。第3クォーターは開始1分11秒から3連続でシュートを失敗したものの、残り4分2秒にバスケットカウントを奪い、“3点プレー”を成功させた。

 6点リードで迎えた第4クォーター、渡邊は序盤に2つのファウルと1つのターンオーバーを犯す。しかし、開始2分41秒にドライブからダンクを叩きこみ、同3分46秒に10個目のリバウンドを奪取。5点差まで詰め寄られた残り3分46秒には値千金の3ポイントを突き刺し、チームは126-115で逃げきった。

 渡邊は34分の出場で26得点11リバウンドの“ダブルダブル”に、1アシスト1スティール2ブロックを記録。フィールドゴールは16本中8本、フリースローは8本中8本の成功だった。