2020.08.28

マジックのアーロン・ゴードンがハムストリング負傷のため第二幕の開催地から離脱

シーディングゲームでハムストリングを痛めたゴードン[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 8月28日(現地時間27日、日付は以下同)。オーランド・マジックはアーロン・ゴードンがフロリダ州オーランドにある開催地から離脱したことを発表した。

 マジックで先発フォワードを務めるゴードンは、8月6日に行なわれたトロント・ラプターズとのシーディングゲームで左ハムストリングを負傷。翌戦から欠場が続いており、ミルウォーキー・バックスとのプレーオフ ファーストラウンドを全休している。

 キャリア6年目のゴードンは、今季62試合に出場して平均32.5分14.4得点7.7リバウンド3.7アシストを記録する24歳。

 マジックは現在1勝3敗と後がない状況。27日に開催予定だったシリーズ第5戦は延期となったものの、ゴードンは開催地から離れたため、もし戻ったとしてもコートでプレーする前に4日間の隔離が必要となる。

 そのため、今後バックスとのシリーズ中に復帰できるかは微妙なところだ。