2023.10.25

日本時間26日にNBAデビューするウェンバンヤマ「クイックネスはフィジカルに勝る」

日本時間26日のマブス戦でデビューするウェンバンヤマ[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 10月25日(現地時間24日、日付は以下同)。NBAは2023-24レギュラーシーズンが開幕し、昨シーズンの王者デンバー・ナゲッツがホームのボール・アリーナでロサンゼルス・レイカーズを119-107で撃破した。

 そして翌26日には12試合が組まれており、今年のドラフト1巡目1位でサンアントニオ・スパーズから指名されたビクター・ウェンバンヤマNBAデビューとなる。

 公称224センチ95キロの高さに加え、244センチという驚異のウイングスパンを誇る19歳の大物ルーキーは、プレシーズンゲーム4試合で平均20.9分のプレータイムながら、19.3得点4.8リバウンド1.5アシスト1.0スティール2.8ブロックにフィールドゴール成功率50.9パーセントを記録3ポイントシュートも難なく決めてしまうだけに、相手チームの選手たちを何度も驚嘆させた。

 そのウェンバンヤマが所属するスパーズは、26日にホームのフロストバンク・アリーナでダラス・マーベリックスを迎えてレギュラーシーズン開幕戦に臨む。

 スパーズはジェレミー・ソーハンデビン・バッセルケルドン・ジョンソン、ウェンバンヤマ、ザック・コリンズがスターターを形成。ウェンバンヤマは主にパワーフォワードとしてコートを駆け回ることとなる。

 NBAの公式戦に向けて、ウェンバンヤマは25日に「もちろん、未来を予想することなんてできない。けど僕はどの試合もプレーしたい」と口にし、サマーリーグとプレシーズンゲームとは「全く違うんだ」とレギュラーシーズンに向けて話していた。

「誰もが強さを持っていて、(僕に対しては)フィジカルにくるだろうね。けど僕が恐れていることじゃない」

「正しく使えば、クイックネスはフィジカルに勝る。それもゲームのうちなんだ。僕はそうしてきた」

 マブスにはルカ・ドンチッチカイリー・アービングというオールスターガードが在籍しているのだが、ウェンバンヤマにはおそらく屈強な肉体を誇るグラント・ウィリアムズ、あるいはジョシュ・グリーンや新人デレック・ライブリー2世といった選手たちがマッチアップしてくるだろう。

 そうしたなか、ウェンバンヤマがどんなNBAデビューを飾ることになるのか。サマーリーグ、プレシーズンゲームと同様に、攻防両面でリーグに衝撃を与えることになりそうだ。

BASKETBALLKING VIDEO