2024.05.15

過去最多ペース…レギュラーシーズンからプレーオフにかけて平均得点が8.92も減少

今季の得点王ドンチッチもプレーオフで得点減少[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 NBAの2023-24レギュラーシーズンで、全30チームの平均得点は114.21を記録し、前身のBAA時代を含めて歴代10位の高得点をたたき出した。

 ところが、4月21日(現地時間20日、日付は以下同)に幕を開けた「NBAプレーオフ2024」は、5月14日を終えた時点で平均105.29得点まで下降している。

 『ESPN』によると、レギュラーシーズンからプレーオフにかけて、平均8.92得点もダウンしているのは、現時点で過去最多ペースだという。

amily:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る

amily:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;">NBA on ESPN(@nbaonespn)がシェアした投稿

 12分間×4クォーターのレギュレーション48分間におけるポゼッション数を指すペースでは、レギュラーシーズンの98.5に対し、プレーオフでは92.9までダウン。

 プレーオフになると得点が減少傾向にあるとはいえ、過去最多ペースで落ちている要因の1つは、おそらくスター選手たちの不在または不調だろう。

 ウェスタン・カンファレンスではザイオン・ウィリアムソンニューオーリンズ・ペリカンズ)がケガのため全休、カワイ・レナードロサンゼルス・クリッパーズ)もダラス・マーベリックスとのファーストラウンド6戦のうち2試合しか出場できなかった。

 一方のイースタン・カンファレンスでも、ヤニス・アデトクンボミルウォーキー・バックス)、ジミー・バトラーテリー・ロジアー(いずれもマイアミ・ヒート)がケガのためファーストラウンド全休を余儀なくされた。

 さらに、バックスのデイミアン・リラードは2試合を欠場、ボストン・セルティックスクリスタプス・ポルジンギスクリーブランド・キャバリアーズジャレット・アレンは戦線離脱が続いており、キャブズは14日のカンファレンス・セミファイナル第4戦で得点源のドノバン・ミッチェルも欠場。ニューヨーク・ニックスではジュリアス・ランドルがプレーオフを全休しているほか、現在はボーヤン・ボグダノビッチミッチェル・ロビンソンOG・アヌノビーも離脱している。

 また、レギュラーシーズンで平均33.9得点を残して初の得点王となったルカ・ドンチッチ(マーベリックス)は、右ヒザと左足首を痛めていることもあり、プレーオフでは平均26.7得点まで落ちている。

 バスケットボールではケガもゲームの一部とはいえ、スター選手たちの欠場が続出していることが、平均得点減少の要因の1つになっていると言えるだろう。

BASKETBALLKING VIDEO