2024.02.16

B2青森の高原HCが「禁止事項への抵触」で契約解除…B1昇格目指すなか「20年来の友人」GMも引責辞任

青森ワッツを指揮していた高原ヘッドコーチ[写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 B2リーグ東地区青森ワッツは2月16日、高原純平ヘッドコーチとの契約を、14日付で解除したと発表した。

 高原氏は北海道出身の43歳。2017-18シーズンに当時B2だった群馬クレインサンダーズでアシスタントコーチに就任し、Bリーグでの指導者キャリアをスタートさせると、2022年に4シーズン在籍していた越谷アルファーズから青森へ移籍した。

 B2下位に低迷していた青森の指揮官に就任すると、1年目の昨シーズンは28勝32敗でクラブ初のプレーオフに参戦し、今シーズンはここまで21勝18敗と貯金を作る健闘。プレーオフ出場圏内となる東地区3位へとチームを押し上げていた。

 しかし、クラブは「ヘッドコーチ契約書における禁止事項への抵触による契約解除」と、今回の人事の理由を説明。2シーズン連続のプレーオフ進出へチームが進んでいる中、思わぬ形で指揮官がチームを離れることになった。

 クラブは高原氏のヘッドコーチ契約解除に伴い、「20年来の友人」だという北谷稔行ゼネラルマネージャーも責任を取る形で辞任すると発表。北谷氏は「一緒に仕事ができて楽しかったよ」と高原氏への思いを語ると同時に、「青森ワッツに関わるすべての皆様にはご心配ばかりおかけし、本当に申し訳ございませんでした」と謝罪のコメントを寄せた。

 なお、今後はチームアドバイザーを務めていた大島洋介氏がヘッドコーチに就任し、同じくチームアドバイザーから配置転換されたマーカス・ムーアスーパーバイシングコーチがゲームの指揮を取るとのこと。クラブ初のB1昇格を目指す中、激動の首脳陣変更となった。

BASKETBALLKING VIDEO