2024.03.07

【B2第25節 見どころ】岩手vs青森は日本人選手の活躍がカギ…愛媛は新潟との直接対決

B3自動降格圏内から脱出した岩手 [写真]=B.LEAGUE

 2月の4節をすべて1勝1敗で乗り切った岩手ビッグブルズは、前節のバンビシャス奈良戦も1勝1敗とし、B3自動降格圏内から脱出した。第1戦は自慢のディフェンスが崩れて91失点を喫してしまったが、第2戦は64失点まで抑えてリベンジ。オフェンスでは18得点の関屋心と8アシストの横川俊樹に加え、この試合が最後となった特別指定選手の菅原佳依も11得点でチームを引っ張った。残り15試合のうち10試合がホーム。ブースターの声援を背にもう一段ギアを上げれば、プレーオフ進出も見えてくる。

 2月にヘッドコーチ交代のあった青森ワッツは、新体制で連敗スタートとなったものの、前々節に続き、福島ファイヤーボンズと戦った前節も連勝。2戦ともに13アシストを挙げた池田祐一のほか、第1戦ではホール百音アレックス、第2戦では常田耕平の得点力も光った。東地区4位の山形ワイヴァンズに4ゲーム差をつけると同時に、同2位の越谷アルファーズに1ゲーム差まで接近し、今節は2位再浮上の可能性がある。

 岩手はマルティン・クラムポルが5試合続けて欠場しているが、前節第1戦も25得点を挙げた関屋と、直近10試合中9試合で4アシスト以上の横川が好調。前々節第2戦から會田圭佑を欠く青森も、常田の活躍が安定してきている。日本人選手が積極的に絡むオフェンスで、どちらがアドバンテージを取ることができるか。カギとなるのは岩手の3ポイントシュートとフリースローだ。

前節第2戦で18得点を挙げた青森の常田耕平 [写真]=B.LEAGUE

 滋賀レイクスと戦った前節はタッカー・ヘイモンドを欠き、前々節に続いて連敗となった愛媛オレンジバイキングスは、岩手と入れ替わってB3降格圏内に突入。リーグ全体最下位の新潟アルビレックスBBを迎え撃つ今節は連勝しておきたいところだ。ただ、新潟は前節も連敗したとはいえ、第2戦ではアルティーリ千葉から95点を奪った。連勝した第18節の対戦でもフリースローでの失点が多かった愛媛は、不要なファウルを避ける必要があるだろう。

残留に向けてホームで連勝を目指す愛媛 [写真]=B.LEAGUE

 大量失点の試合が続いていた山形は越谷アルファーズを第2戦で69得点に抑え、連敗を「7」でストップ。対する熊本ヴォルターズベルテックス静岡との第1戦を再延長で制すると、第2戦も1点差で勝利し、プレーオフ進出マジックを「4」とした。第18節の対戦は熊本がいずれも100点ゲームでホームを守ったが、最近の熊本はアウェーで得点が伸びない傾向があり、敵地に限れば4連敗中。山形は前節第2戦のディフェンスを再現できるか。

 東地区3位の青森に連敗したことでゲーム差を「7」まで広げられ、福島はプレーオフ進出に黄信号。越谷も東地区2位ながら早くも地区優勝がなくなり、背後には青森が迫る。第2戦を落とすことが多くなっている越谷は、福島にも第14節第2戦で大量リードをひっくり返された。その試合で活躍が光った加藤嵩都田渡凌は、今節も福島のキーマンとなるだろう。越谷は調子を上げてきた鎌田真の積極性と、特別指定選手である星川堅信陳岡燈生の若さで対抗したい。

文=吉川哲彦

■B2第25節試合日程
愛媛オレンジバイキングスvs新潟アルビレックスBB(@伊予市民体育館)
GAME1:3月8日(金)19時~ GAME2:3月9日(土)15時~

岩手ビッグブルズvs青森ワッツ(@盛岡タカヤアリーナ)
GAME1:3月9日(土)15時~ GAME2:3月10日(日)13時~

福島ファイヤーボンズvs越谷アルファーズ(@円谷幸吉メモリアルアリーナ)
GAME1:3月9日(土)15時~ GAME2:3月10日(日)13時30分~

アルティーリ千葉vs神戸ストークス(@千葉ポートアリーナ)
GAME1:3月9日(土)15時~ GAME2:3月10日(日)15時~

山形ワイヴァンズvs熊本ヴォルターズ(@山形県総合運動公園)
GAME1:3月9日(土)16時~ GAME2:3月10日(日)14時~

ベルテックス静岡vsバンビシャス奈良(@静岡市中央体育館)
GAME1:3月9日(土)17時~ GAME2:3月10日(日)15時~

ライジングゼファー福岡vs滋賀レイクス(@北九州市立総合体育館)
GAME1:3月11日(月)19時~ GAME2:3月12日(火)19時~

山形ワイヴァンズの関連記事

BASKETBALLKING VIDEO