2018.06.20

福島ファイヤーボンズと契約満了の菅野翔太が三遠ネオフェニックスへ「自分の役割を果たす」

自身初の移籍となる菅野[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 三遠ネオフェニックスは6月20日、菅野翔太との2018―19シーズンの選手契約を締結しことを発表した。

 主にスモールフォワードを務める菅野は、東北学院大学卒業後の2014年に仙台89ERSに練習生として加入。同年に福島ファイヤーボンズと選手契約を結ぶと、今シーズンは全60試合中59試合で先発出場を果たし、計567得点(1試合平均9.5得点)208アシスト(同3.5アシスト)をマーク。しかし、契約満了に伴い5月25日付けで自由交渉選手リストへ公示された。

 三遠入団が決まった菅野は、公式HPをとおして「自分にとって、今回が初めてのチーム移籍ということで少し不安はありますが、大きな期待を持ってチャレンジしていきたいと考えています。チームのBリーグ制覇という目標達成に貢献できるよう、自分に与えられた役割をとことん果たす覚悟です。日々進化していく姿を応援してくださる皆さまにお届けできるよう肝に銘じ、最後まで諦めずに戦い抜きたいと思います」とコメントした。

 また、鹿毛誠一郎ゼネラルマネージャーは「おとなしそうに見えますが芯がしっかりした選手です。シュートが上手く、体も強いので様々なポジションでマルチな活躍を期待しています。努力家で常に上を目指す姿勢は、必ず三遠ネオフェニックスにいい影響を与えてくれると信じています」と期待を寄せた。