2022.01.11

アルバルク東京が第97回天皇杯準々決勝の出場を辞退すると発表

バスケ情報専門サイト

 アルバルク東京は11日、第97回天皇杯全日本バスケットボール選手権準々決勝の出場を辞退すると発表した。

 同クラブでは、今月5日に選手1名が新型コロナウイルス感染症陽性判定を受けたため、同日開催が予定されていた天皇杯の準々決勝、A東京対川崎ブレイブサンダースが中止となった。

 その後、今月19日に代替試合を開催することで調整を進めていたが、同8日に新たに選手3名の陽性が判明し、選手8名が濃厚接触者に。これらの選手が今月18日まで行動制限を受けるため、コンディションの観点から困難と判断。出場を辞退した。

 このため、当該試合は川崎が不戦勝となり、準決勝へ駒を進める。

アルバルク東京の関連記事

BASKETBALLKING VIDEO