2019.09.02

大阪エヴェッサのACにルーベン・ボイキン氏が就任、かつてはサンロッカーズ渋谷などでプレー

2017-18シーズンのルーベン・ボイキン氏[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 大阪エヴェッサは9月2日、ルーベン・ボイキン氏が今シーズンのアシスタントコーチに就任したことを発表した。

 アメリカ出身で現在34歳のボイキン氏は、ノーザンアリゾナ大学卒業後はポーランドやイタリア、ドイツなどでプレー。2013-14シーズンに秋田ノーザンハピネッツに加入すると、2016年にはバンビシャス奈良へ移籍。2017-18シーズンは東京アースフレンズZとサンロッカーズ渋谷でプレーした。

 ACとして大阪に加わるボイキン氏は、クラブの公式HPにて「大阪エヴェッサに来ることができて嬉しく思います。私を招いてくれたクラブ、コーチ陣、選手たち、そしてファンの皆さんに感謝します。アシスタントコーチとしては初めてのシーズンとなりますが新たなチャレンジでとてもわくわくしています。良いシーズンとなるように頑張りたいと思います」と意気込みを述べた。