2022.04.10

中山拓哉の劇的ブザービーターで秋田が逆転勝利…最終Qの猛追で川崎を撃破

劇的な逆転3ポイントを沈めた中山/写真は第1戦のもの[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月10日、各地でB1リーグ第30節が開催され、秋田ノーザンハピネッツ川崎ブレイブサンダースと対戦した。

 第1戦に68-82で敗れた秋田は、試合序盤から川崎にリードを奪われる。連続得点を挙げて点差を詰めるも、17-22で第1クォーターを終えた。続く第2クォーターでは、田口成浩が3本の3ポイントをヒット。一時は逆転に成功するも、川崎に11-0のランを作られて再びリードを許す。それでも、最後はアレックス・デイビスのバスケットカウントにより、40-40の同点で試合を折り返した。

 迎えた第3クォーターでは、川崎のマット・ジャニング藤井祐眞に次々とシュートを決められ、53-65と突き放されてしまう。それでも、秋田は第4クォーターに反撃を開始。ジョーダン・グリンやデイビスの得点でジリジリと点差を詰めると、連続3ポイントにより秋田は試合残り15秒に1点差に詰め寄る。

 その後、藤井の得点で3点差とされるも、試合残り5秒に中山拓哉の得点で再び1点差に。藤井がフリースローを1本沈め、2点を追いかける形で迎えた秋田のラストプレー。中山が放ったタフな3ポイントが見事にゴールに吸い込まれ、87-86で秋田が劇的な逆転勝利を飾った。

 第1戦のリベンジを果たした秋田は、グリンが22得点5アシスト4スティール、デイビスが21得点8リバウンド7アシスト、田口が17得点をマーク。一方の川崎は、藤井が29得点9アシストと奮闘するも、悔しい逆転負けとなった。 

■試合結果
川崎ブレイブサンダース 86-87 秋田ノーザンハピネッツ(@川崎市とどろきアリーナ)
川崎|22|18|25|21|=86
秋田|17|23|13|34|=87

BASKETBALLKING VIDEO