2023.05.09

京都ハンナリーズ、ロイ・ラナHCが続投…就任1年目は22勝38敗

契約基本合意が発表された京都のロイ・ラナヘッドコーチ [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 京都ハンナリーズは5月9日、ロイ・ラナヘッドコーチと2023-24シーズンの契約が基本合意に達したことを発表した。

 ラナHCは2000年にコーチとしてのキャリアを始め、HCやトップアシスタントコーチとしてカナダ代表やドイツ代表を指揮。NBAのサクラメント・キングスでACや統括を担った経験も持つ。2022-23シーズンに京都の指揮官に就任すると、1年目は西地区7位となる22勝38敗の成績を残した。京都を指揮する傍ら、エジプト代表のHCも務める。

 ラナHCはクラブを通じて「京都の一員になることが出来て、1年目を共に登ることができ、とても光栄で大変感謝しております。このプログラム(チーム)の将来と成長にエキサイトしています」とコメント。また、渡邉拓馬ゼネラルマネージャーは「2023-24シーズンもロイさんと共に登れることを嬉しく思います。今シーズン築いた土台を更に強くし、京都に関わるすべての選手、スタッフ、ファンの皆さんの人生が変わるキッカケを与えるチームに成長させてくれる事を確信しています」と話した。

BASKETBALLKING VIDEO