2024.03.02

琉球ゴールデンキングスが三遠ネオフェニックスを撃破…第4Qのランで首位対決制す

ベンチからチーム最多23得点を記録した琉球の今村佳太 [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月2日に豊橋市総合体育館でB1リーグ第24節第1戦が行われ、西地区首位の琉球ゴールデンキングスが中地区首位の三遠ネオフェニックスと対戦した。

 第1クォーターから松脇圭志が4本の3ポイントシュートを沈めるなど、33-31と激しい点の取り合い。続く第2クォーターではリードを許す時間帯があったものの、終盤にアレン・ダーラム岸本隆一の得点で抜け出し、58-53でハーフタイムを迎えた。

 後半は第3クォーターに16得点を挙げるにとどまったが、第4クォーターに再び猛攻。開始3分17秒からヴィック・ローアレックス・カーク、岸本、松脇、今村佳太の連続得点で16-0のランを展開し、最終スコア107-88で快勝した。

 琉球は今村がベンチから出場して5本の3ポイントを含むチーム最多23得点の活躍。松脇とローがともに18得点、ジャック・クーリーが17得点、ダーラムが13得点、岸本が11得点で続いた。

■試合結果
三遠ネオフェニックス 88-107 琉球ゴールデンキングス
三遠|31|22|22|13|=88
琉球|33|25|16|33|=107

BASKETBALLKING VIDEO