2024.04.01

SR渋谷がユース出身の大森康瑛を特指に登録変更…“進学校”の麻布高卒「身の引き締まる気持ち」

SR渋谷U18でプレーしていた大森康瑛[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 4月1日、B1中地区のサンロッカーズ渋谷は、ユース育成特別枠選手で登録していた大森康瑛を特別指定選手に登録変更することを発表した。

 東京都出身で現在18歳の大森は、194センチ86キロのスモールフォワード。都内有数の進学校である麻布中学校(高校)に通いながら2019年にSR渋谷U15に入団すると、SR渋谷U18在籍中の今年2月からユース育成特別枠としてトップチームに参加。

 昨年1月に開催された「ドットエスティ B.LEAGUE ALL-STAR GAME 2023 IN MITO」の『B.LEAGUE U18 ALL☆STAR GAME』に出場した際には、「麻布に入学できて、サンロッカーズで本格的にバスケができる環境に感謝したいです。できるだけ続けていこうと思います」と“文武両道”を貫く姿勢を示しつつ、将来的にアメリカの大学へ進学する意向も示唆していた。

 クラブの発表によると、今回の登録変更は、この3月をもってSR渋谷U18と麻布高校を卒業する大森を、今後もトップチームでプレーさせるための措置とのこと。ここまでBリーグレギュラーシーズンの公式戦に出場した実績はないが、残り12試合となったシーズン終盤戦でのBリーグデビューはあるのか。文武両道を貫くホープの動向に注目だ。

大森康瑛 コメント
サンロッカーズ渋谷77番、大森康瑛です。4月より特別指定選手として登録させていただくことになりました。ユース育成特別枠選手として既にたくさんの経験をさせていただいていますが、さらに身の引き締まる気持ちです。チームはCS出場に向けて佳境ですので、今まで以上にチームのため、勝利のため、CS出場のために全力を尽くします。ユースの後輩達も4月からそれぞれ新しい挑戦をすると思いますので、僕も頑張る姿を見せることでユースの皆に少しでも恩返しできればと思います。サンロッカーズファミリーの皆さまにも応援していただけるように頑張りますので、引き続きよろしくお願いします」

BASKETBALLKING VIDEO