2024.02.19

B2首位もアルティーリ千葉に油断なし…杉本慶「B1昇格達成のために気を抜かず」

青森との第2戦で躍動した杉本[写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月16日から18日にかけて、各地でB2リーグ第22節が開催され、東地区首位のアルティーリ千葉は、同3位の青森ワッツとアウェーで対戦。試合後のコメントをクラブが公式ホームページで伝えている。

 17日の第1戦に105-96で勝利すると、いち早くB2プレーオフへの出場を決めたA千葉。この試合で13得点を挙げた木田貴明は、「プレーオフに出場することが目的ではないので、浮かれることなく1戦ずつ戦っていきたい。気を緩めることはせず、見に来てくれるファンの皆さんのためにもハイパフォーマンスでプレーできるように、さらに魅了できるように頑張りたいと思います」と、あくまで通過点であることを強調して気を引き締めた。

「復帰して2節目なので少しずつゲーム感をならしていきたい」と語った木田[写真]=B.LEAGUE


 
 続く第2戦にも102-78で勝利したA千葉は、連勝を「12」に継続。「苦しいタイミングでもタフネスな姿を見せ、全員で乗り越えた結果、最後に良い勝ち方ができた」と振り返ったアンドレ・レマニスヘッドコーチは、「改めて選手層の厚さを感じた」とチームの強みを語った。

「コーチとしての醍醐味である、さまざまなコンビネーションを試すことができました。チュアンシン・リュウ選手が試合のテンポを変えてくれたり、岡田優介選手が3ポイントから流れを引き寄せてくれたり、黒川虎徹選手も速いペースを作ってくれたりと、選手それぞれが強みを活かして、チームに貢献してくれた試合になりました」

 第2戦で16得点11アシストと躍動した杉本慶は、「チームのコンセプトの”UBUNTU”は『自分の成功はチームの成功、チームの成功は自分の成功』というもので、今日はチームメートたちに自分を活かしてもらい、得点につなげることができたと思っています。次の試合では誰がその役割になるかわからないですが、いずれにしてもチームのために戦いたい」と自身の活躍はチームの成功であることを明言した。

 現在38勝3敗(勝率92.7パーセント)でB2リーグトップの成績を残しているA千葉。しかし、杉本も木田と同じく気の緩みは見せない。

「プレーオフが決まったことはうれしいです。ただ、自分たちはプレーオフ進出ではなく、去年叶えることができなかったB2優勝・B1昇格の達成のために戦っています。次はプレーオフのホームコートアドバンテージの獲得、そしてその後の目標達成のために、ここで気を抜かず引き続き頑張りたいです」

 2021-22シーズンからB3リーグに参入すると、1年でB2に昇格を果たし、昇格直後となった昨シーズンは47勝13敗の東地区首位としてB2プレーオフへと進出。快進撃を続けていたA千葉だが、セミファイナルで長崎ヴェルカに1勝2敗で敗れ、B1昇格の切符をあと一歩のところで逃した。

 驚異的なペースで勝ち星を積み重ねているA千葉だが、昨年の雪辱を果たすべく、チームに油断はないようだ。

BASKETBALLKING VIDEO