2024.06.19

B2福岡が福大大濠出身PG中田嵩基ら3名と契約継続…今季2桁得点の谷口光貴「さらに飛躍した姿を」

来シーズンも福岡でプレーすることが決まった中田嵩基、村上駿斗、谷口光貴[写真]=B.LEAGUE
バスケ情報専門サイト

 B2リーグのライジングゼファー福岡は6月19日、谷口光貴村上駿斗中田嵩基の計3名と、2024-25シーズンの選手契約継続に合意したと発表した。

 奈良県出身で現在31歳の谷口は、190センチ87キロのシューティングガード兼スモールフォワード。東芝ブレイブサンダース神奈川(現:川崎ブレイブサンダース)など4クラブを渡り歩き、2023-24シーズン開幕前に福岡へ加入すると、移籍1年目の今シーズンはリーグ戦56試合の出場で11.0得点1.4リバウンド1.9アシスト3ポイント成功率39.5パーセントを記録した。

 山形県出身で現在28歳の村上は、185センチ85キロのポイントガード兼シューティングガード。第7回スラムダンク奨学生としてアメリカ留学を経験し、Bリーグ開幕後はB2リーグを中心にプレー。4年ぶりに福岡へ加入した今シーズンは、リーグ戦全60試合に出場し6.9得点1.6リバウンド3.5アシストをマークした。

 地元福岡県出身で7月に24歳の誕生日を迎える中田は、174センチ74キロのポイントガード。福岡大学附属大濠高校から筑波大学へと進学し、同大在学中の2022-23シーズンに福岡の特別指定選手としてBリーグデビューを果たした。ルーキーシーズンとなった2023-24シーズンは、リーグ戦49試合に出場。1試合平均9分28秒のプレータイムで2.7得点0.8リバウンド0.9アシストの成績だった。

 今回の契約発表に際して、各選手が寄せたコメントの一覧は以下の通り。

■ 選手コメント

谷口光貴
昨シーズンに得た課題と向き合って、個人もチームもクラブとしても日々成長していきたいです。そのためにも細かい部分にこだわって、さらに飛躍した姿を届けられるようにベストを尽くします。チームに関わる全ての皆さまと一丸となって、最高のシーズンを創り上げていきましょう!

村上駿斗
2024-25シーズンも福岡でプレーすることになりました。今シーズンの目標は『B2優勝』です。ライジングのパートナー企業の皆さん、ブースターの皆さんからの今シーズンに対する期待はより大きいと思っています。覚悟をもって、1試合1試合プレーします。今シーズンこそ優勝、昇格しましょう!是非、アリーナに来て応援してください!

中田嵩基
今シーズンもライジングゼファーフクオカの一員として戦うことになりました、中田嵩基です。昨シーズンの目標であったB2優勝、B1昇格に向けて全力で取り組んで行きたいと思います。いつもサポートしてくださっているスポンサーの皆様、ファンの皆様には多大なる感謝を申し上げます。引き続きサポート・応援のほどよろしくお願いいたします。福岡一丸となって目標を達成しましょう!

谷口 光貴の関連記事

ライジングゼファー福岡の関連記事

BASKETBALLKING VIDEO