2023.09.26

30歳でBクラブ入り…早稲田大出身の池田慶次郎がアースフレンズ東京Zと契約

東京Zが池田慶次郎選手との契約基本合意を発表
国内外のバスケ情報をお届け!

 アースフレンズ東京Zは9月25日、池田慶次郎との2023-24シーズンの選手契約が基本合意に至ったことを発表した。

 12日に30歳の誕生日を迎えた池田は、177センチ77キロのシューティングガード。京北高校から早稲田大学に進学し、2014年の「第63回関東大学バスケットボール選手権大会」でアシスト王に輝くなど活躍した。その後、2016年から三井住友海上バスケットボール部でプレーしていた。

 同選手はクラブを通じて「年齢30歳にしてBリーグデビューという貴重なチャンスをくださった、チーム関係者の方々には感謝しております。ここまで温めたバスケットへの想いをこのステージで昇華するべく日々精進し、B2昇格に貢献します。たくさんの応援、宜しくお願いいたします」と意気込みを語った。

 また、廣瀬幹ゼネラルマネージャーは「大きな決断をしていただいた池田選手には本当に感謝しております。B2昇格へ向けて、またひとつピースが揃いました。即戦力として頼りにしており、彼の挑戦は我々の勝利への貢献につながります。積み上げた経験と実績を発揮していただき、ファンの皆さまに湧き上がる感動と歓声をお届けしますので、池田選手と東京Zの応援をよろしくお願い申し上げます」とコメントした。

 池田と中高6年間をともに過ごした田渡凌福島ファイヤーボンズ)が自身の公式X(旧Twitter)で反応。“気魄”の2文字とともに「全国の、特に東京の同世代の皆。絶対応援して欲しい。人生賭けてこの男が決めた道を、その覚悟をみて欲しい」とつづった。

BASKETBALLKING VIDEO