2018.08.09

この夏一気にブレークしたシンデレラガール、岐阜女子・安江沙碧梨

今大会で一気にブレークした岐阜女子の安江沙碧梨はチームの準優勝に大きく貢献[写真]=兼子慎一郎
大学時代より取材活動を開始し、『中学・高校バスケットボール』編集部を経て独立。メインフィールドである育成世代から国内バスケット全体を見つめる"永遠のバスケ素人"。

 まさしく「シンデレラガール」として駆け上がった夏だった。

 岐阜女子高校(岐阜県)の3年生・安江沙碧梨は、エントリー変更からスタメンに抜擢されたポイントゲッターだ。大会プログラムの集合写真でも、ユニフォームを着たメンバーの後ろで笑っている。高校バスケでは無名の存在だが、決してキャリアがないわけではない。中学バスケの名門・藤浪中学校の出身で、3年時にはスタメンとして全国中学校大会でベスト8入りに貢献している。

 ベンチ入りとスタメンの報を安江満夫コーチから告げられたのは、6月の東海大会が終わって少し経ったころ。喜びもつかの間、その大役に気が引き締まった。「全力で自分の役割を果たしたい」。安江が担う大きな役割の一つが、ハイポスト周辺からのシュートだった。

 チームには188センチのハディ・ダフェ、184センチのイベ・エスター・チカンソという、対戦相手が必ずマークしてくる大型センターがいる。彼女たちにディフェンスが寄った時が安江の出番。パスを受け取り、ミドルシュートを決めることで、相手に的を絞りづらくさせた。

機動力に長けた安江は速攻の先頭を走った[写真]=兼子慎一郎


 中学時代の武器はドライブ。「ドライブだけだと相手が守りやすくなるから」と、高校入学後はミドルシュートの習得に励んできた。決定率の高さもさることながら、右利きの相手がブロックしにくいサウスポーであることも大きな武器。下位回戦最大の山場となった安城学園高校(愛知県)戦ではチーム最多の19点を挙げ、勝利に大きく貢献した。

 しかし、決勝の桜花学園高校(愛知県)にはその役割が果たせなかった。自分よりも大きく体の強い相手とのマッチアップに苦戦し、これまで決められてきたようなシュートを何本も落とした。第4ピリオド残り2分8秒には5ファール退場し、8得点、2ポイントシュートは3/12本という内容でタイムアップ。安江コーチは「こういうステージに慣れていない中でよく頑張ってくれた」とねぎらったが、本人は「簡単なシュートを落としてしまってチームに申し訳ない」と涙を流した。

安江(白)は自分よりも大きな相手との攻防で体力を消耗させ、決勝戦では思いどおりのプレーができず[写真]=兼子慎一郎


 今大会はおそらくどのチームもノーマークだっただろう安江だが、ウインターカップは間違いなく対策を練ってくる。シンデレラストーリーはあくまで夏のもの。冬はチーム全員で「女王の物語」を作りにいく。

文=青木美帆

インターハイ2018 女子のバックナンバー