2019.02.26

【卒業特集】池田沙紀(岐阜女子)の高校3年間「最後に優勝という結果が残せてよかった」

池田は岐阜女子を2度目のウインターカップ優勝へと導いた[写真]=新井賢一
国内外のバスケ情報をお届け!

2月上旬、都内で実施された3x3女子日本代表の強化合宿には、全15名の候補メンバーうち「SoftBankウインターカップ2018 平成30年度 第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会」にも出場した高校3年生が8名招集された。そこで、もうすぐ高校生活を終えて次なる道へ進む彼女たちに、3年間の思い出や今後の抱負などを聞いてみた。

インタビュー=小沼克年

■池田沙紀(岐阜女子高校/岐阜県)

――初めて3x3をやってみた感触はどうでしたか?
池田 トランジションが速くて、個人のスキルが大事になってくるなと感じました。スピードとか、その場その場での状況判断が5対5とは全然違いました。

――今振り返ってみて、どんな高校3年間でしたか?
池田 最後の1年間は負けっぱなしだったので、ウインターカップに懸ける思いが大きかったです。そこで最後、優勝という結果が残せてよかったです。

――3年間で一番学んだことは?
池田 自分たちだけでバスケットをしているわけじゃなくて、仲間や応援してくださる方、ほかにも色んな形で支えてくださる方がたくさんいるということは、この3年間ですごい学びました。

――思い出に残ってる試合とその理由を教えてください。
池田 2年生の時のウインターカップ準々決勝、安城(学園高校/愛知県)戦です。スタートとして出させてもらったのに自分が何もできずに負けたので、それがすごい悔しくて印象に残ってます。

――3年間で一番楽しかったことは?
池田 やっぱりみんなと寮で生活しているので、毎日の日常が楽しかったです。とくに鍋パーティーをした時はすごく楽しかったです。

――後輩たちへのメッセージをお願いします。
池田 新チームになると、そのチームそれぞれの色があると思います。自分たちに合うプレースタイルを全員で見つけながらやってほしいです。

――最後に今後の抱負をお願いします。(※池田は筑波大学へ進学予定)
池田 大学でも日本一を目指します。また、自分のスキルをもっと磨いていきたいと思います。

ウインターカップ2018のバックナンバー