2019.01.02

ウインターカップ女子ベスト5…岐阜女子から池田沙紀とダフェ、昭和学院の星杏璃らが選出

ウインターカップのベスト4から優秀選手5名が決定[写真]=兼子慎一郎
国内外のバスケ情報をお届け!

 12月23日から29日にかけて、武蔵野の森総合スポーツプラザで「Softbankウインターカップ平成30年度 第71回全国高等学校バスケットボール選手権大会」が開催。28日、女子の大会ベストファイブが発表された。

 3年ぶり2度目の優勝を果たした岐阜女子高校(高校総体2/岐阜県)からはキャプテンの池田沙紀(3年)とハディ ダフェ(2年)が選出。準優勝で終えた大阪薫英女学院(大阪府)からは清水咲来(3年)、その他、昭和学院高校(千葉県)の星杏璃(3年)、津幡高校(石川県)の中道玲夏(2年)がメンバーに名を連ねた。

■池田沙紀(岐阜女子/3年/PG)

計88得点(1試合平均17.6得点)16アシスト(同3.2アシスト)※5試合

■星杏璃(昭和学院/3年/PG)

計97得点(1試合平均16.2得点)32アシスト(同5.3アシスト)※6試合

■清水咲来(大阪薫英/3年/SF)

計119得点(1試合平均23.8得点)※5試合

■ハディ ダフェ(岐阜女子/2年/C)

計82得点(1試合平均20.5得点)38リバウンド(同9.5リバウンド)※4試合

■中道玲夏(津幡/2年/C)

計100得点(1試合平均20.0得点)49リバウンド(同9.8リバウンド)※5試合

ウインターカップ2018のバックナンバー