2024.02.22

日本代表・河村勇輝「目指しているバスケットとは程遠い内容」最多15得点6アシストも反省

後半に攻守両面で躍動した河村勇輝[写真]=fiba.basketball
国内外のバスケ情報をお届け!

 2月22日、バスケットボール男子日本代表(FIBAランキング26位)が「アジアカップ2025予選Window1」でグアム代表(同76位)と対戦し、77-56で勝利した。

 日本は第1クォーターこそ17-12と先手を取ったものの、この試合3ポイント成功率26.7パーセント(12/45本)と長距離砲が不発。ターンオーバーがかさむなどリズムをつかみきれず、35-36と逆転を許して前半を終えた。それでも、第3クォーターに河村勇輝が攻守両面で存在感を示し、チーム最年少18歳の川島悠翔も躍動感あるプレーを披露。後半のスコアは42-20と圧倒し、逆転勝利でオリンピックイヤーの初戦を飾った。

 スターター起用され21分22秒に出場した河村は、この試合最多となる15得点6アシスト3スティールを記録。試合直後の場内インタビューでは、「本当に苦しい時間帯が続いたんですけど、皆さんの応援で乗り越えることができました」と、有明コロシアムにつめかけたファンに感謝した。

 また、直前練習から“勝ち方”も追求することを明言していた河村は、「自分たちの目指しているバスケットとは程遠い内容となってしまった」と、格下相手に一時リードを奪われてしまった展開を振り返りつつ、「また中2日、チームとしても個人としても中国戦で良いバスケットをできればいいなと思います」と前を向いた。

 アジアカップ予選の初戦に勝利した日本は、25日に中国代表(同29位)と対戦。主要国際大会で長らく勝てていない“アジアのライバル”をホーム・有明コロシアムに迎える。

BASKETBALLKING VIDEO