2023.07.03

最新作『エア ジョーダン38』が発売決定…ジョーダンの巧みな足捌きを参考に開発

『Air Jordan XXXVIII(エア ジョーダン38)』
国内外のバスケ情報をお届け!

 7月3日、ナイキは『JORDAN BRAND(ジョーダンブランド)』の新型バスケットボールシューズ『Air Jordan XXXVIII(エア ジョーダン38)』が8月18日に発売することを発表した。

 エア ジョーダンのシグネチャーシリーズは、バスケットボールの中で最も豊かな逸話を持つフットウェアというだけにとどまらず、次世代のプレーヤーたちのために最先端のイノベーションを提供するシリーズでもある。今回発売されるエア ジョーダン38もその歴史を踏襲し、マイケル・ジョーダン氏(元シカゴ・ブルズほか)の巧みなフットワークを参考に作られた、新しいプレート技術を採用。ジョーダン氏のフェイダウェイ・ジャンパーのように、コートでの機動性で相手に差をつけることにフォーカスしている。

 また、アッパー前足部のメッシュのような刺繍が施され、足をしっかりと支える構造になっている。このアッパーは1993年のNBAファイナルで平均41得点8リバウンド6アシストと、フィールドゴール成功率50パーセントを記録したジョーダン氏の活躍を表現。履き口には平均41得点にちなんで41のクロスステッチが施され、足内側の側面にある3つのダイアモンドは、シカゴが3シリーズ連続でファイナルに進出したことを記念するものとなっている。

 エア ジョーダン38のファンダメンタルカラーは8月18日から、NIKE.COMと一部ジョーダン取扱店で2万9700円(税込)で発売予定だ。

BASKETBALLKING VIDEO