2019.09.10

「クリス・ポールは実にスマートな男だった」と大学時代のACが言及

ウェイク・フォレスト大学時代のポール[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

「試合後に良いプレーではなく悪かったプレーを何度も見て前に進んでいった」

 今夏ヒューストン・ロケッツからトレードでオクラホマシティ・サンダーへと移籍したクリス・ポールは、現役屈指の実績を誇る名司令塔だ。

 183センチ79キロのポイントガードは、昨季までの14シーズンで通算950試合に出場。キャリア平均35.1分18.5得点4.5リバウンド9.7アシスト2.2スティールという堂々たる成績を残しており、通算A/TO(アシスト/ターンオーバー比率)は4.04と、申し分ない安定感を誇る。

 自身のイニシャルと背番号を掛け合わせた“CP3”というニックネームで親しまれているポールは、2006年の新人王を皮切りに、オールスターに9度選出(うち13年はMVPを獲得)、オールNBAチームには8度、オールディフェンシブチームには9度選ばれたほか、4度のアシスト王、6度のスティール王という輝かしい実績を持つ。

 34歳のポールは、通算アシスト数(9,181本)でNBA歴代7位、通算スティール数(2,122本)ではNBA歴代9位と、いずれも歴代で10本の指に入っており、もちろん現役トップの数字である。

 今季ポールがサンダーでプレーするかどうかは現時点で分からないのだが、ここでは大学時代のポールに関するエピソードを紹介したい。

 9月10日(現地時間9日)に『The Athletic』へ掲載された記事の中で、ポールがウェイク・フォレスト大学在学時にアシスタントコーチ(AC)を務めていたジェフ・バトルはこう語っていた。

「彼は実にスマートな男だった。彼は当時、私と数えきれないほど多くの映像を見てきたんだ。毎試合後、何時にプレーしていようと、それが夜になろうと関係なかった。夜遅ければ翌朝彼は私が来るのを待っていたくらいさ」。

 2003-04シーズン、04-05シーズンの2年間、同大でプレーしたポールは、先発ポイントガードとしていずれのシーズンもチームトップとなる平均出場時間を記録。2シーズンで平均33.5分15.0得点3.9リバウンド6.3アシスト2.5スティールという見事な成績を残していた。

ウェイク・フォレスト大学時代もポールは先発ポイントガードとしてチームをけん引していた[写真]=Getty Images

 バトルはACとしてポールと過ごした当時について、こう振り返っている。

「彼はいつだって自身の良くなかったプレーを見たがっていたんだ。もっとうまくなるためにね。彼はすばらしいプレーを幾度も見せていたけど、決して良いプレーを見ようとはしなかった。彼は自身にとって良くなかったプレーを見ることで準備し、前に進んでいったんだ」。

 ポールが今でもこの習慣を続けているかは分からない。だがキャリア平均でフィールドゴール成功率46.9パーセント、3ポイント成功率37.0パーセント、フリースロー成功率86.8パーセントといういずれも高水準の数字を残し、平均わずか2.4本というターンオーバーの数字が示しているように、NBAという世界最高のプロバスケットボールリーグでもミスから学んで自らのプレーを向上させていったことがわかる。

 抜群のリーダーシップでチームをけん引するポールは、今季どのチームでプレーすることになろうとも、攻防両面において司令塔として効果的なプレーを続けていくに違いない。

フェイドアウェイ気味に放つポールのジャンパー。ビッグマン相手でもブロックを交わして見事に沈めている[写真]=Getty Images