2024.04.11

昨季ウェスト準決勝で激突…レイカーズとウォリアーズのプレーイン参戦が決定

レイカーズのレブロン(左)とウォリアーズのカリー(右)[写真]=Getty Images
バスケ情報専門サイト

 4月11日(現地時間10日、日付は以下同)。フェニックス・サンズロサンゼルス・クリッパーズに124-108で勝利したことで、ウェスタン・カンファレンスのポストシーズンの行方に変化が起こった。

 サンズがこの勝利でウェスト7位の47勝33敗としたことで、9位のロサンゼルス・レイカーズ(45勝35敗)、10位のゴールデンステイト・ウォリアーズ(44勝35敗)は6位以内でレギュラーシーズンを終える道が途絶え、プレーイン・トーナメント参戦が決定。

 両チームのゲーム差は0.5で、8位にいるサクラメント・キングス(45勝34敗)と9位のレイカーズは0.5ゲーム差のため、シード順こそ変わる可能性があるものの、レイカーズとウォリアーズが「NBAプレーオフ2024」へ駒を進めるためには、プレーインという一発勝負のトーナメントを勝ち抜くことが必須となった。

 レギュラーシーズンは15日に終了し、各カンファレンス7位から10位で終えた4チーム(両カンファレンスで計8チーム)は17日から20日にかけて第7、8シード獲得をかけてプレーインで競い合う。

 そこでレイカーズは2年連続通算64度目、ウォリアーズが3年連続通算38度目のプレーオフ進出を目指す。なお、両チームは「NBAプレーオフ2023」のカンファレンス・セミファイナルで激突しており、レイカーズが4勝2敗でシリーズを制している。

 ちなみに、今シーズンの直接対決ではウォリアーズが3勝1敗で勝ち越し。10日の試合ではウォリアーズが134-120でレイカーズに勝利。3ポイントシュートが成功率63.4パーセント(26/41)と大当たりで、1試合に25本以上を決めて成功率60.0パーセントを超えたNBA史上初のチームに。

 また、ステフィン・カリークレイ・トンプソンドレイモンド・グリーンが3人そろって5本以上の長距離砲を放り込み、2015年以来初の記録も残した。

amily:Arial,sans-serif; font-size:14px; font-style:normal; font-weight:550; line-height:18px;">この投稿をInstagramで見る

amily:Arial,sans-serif; font-size:14px; line-height:17px; margin-bottom:0; margin-top:8px; overflow:hidden; padding:8px 0 7px; text-align:center; text-overflow:ellipsis; white-space:nowrap;">SportsCenter(@sportscenter)がシェアした投稿

BASKETBALLKING VIDEO