2024.04.22

渡邊雄太が『WOWOW NBA』に生登場…八村塁との関係やパリ五輪への想いを語る

『WOWOW NBA』のスタジオにゲスト出演した渡邊雄太 [写真] = Getty Images
バスケ情報専門サイト

激動のアメリカ挑戦に終止符を打ち、日本へ凱旋

 4月22日、渡邊雄太メンフィス・グリズリーズ)がアンバサダーを務める『WOWOW NBA』のスタジオにゲスト出演し、ロサンゼルス・クリッパーズ対ダラス・マーベリックスのGAME1の中継内で、今シーズンの振り返りや今後について語った。

 20日に自身のInstagramでライブ配信を行った渡邊は、6シーズン在籍したNBAの舞台から離れ、2024-25シーズンからBリーグからプレーすることを発表した。

「今シーズンはサンズから始まって、最初在籍していたグリズリーズに戻って、いろいろあったのは間違いないんですけど、振り返ると本当に楽しかったです。いい経験やいろんな勉強もさせてもらえたので、これから自分が得た経験だったりを、日本代表や次に自分がプレーするチームに還元していけたらいいなと思います」

 NBAでの6年目のシーズンを終えた渡邊は、まずはサンズ時代を回顧。ケビン・デュラントデビン・ブッカーブラッドリー・ビールによる“ビッグ3”とのプレーについて聞かれると、「それが楽しみでサンズに決めた理由のひとつなので、一緒にプレーしていてすごく楽しかったですね」と振り返った。

「皆さんとほとんど同じタイミングでニュースになる直前に知った」というシーズン途中の電撃トレードについては、「試合日だったので朝は普通に練習に行き、いつも通りの生活を送っていて、そろそろお昼ご飯を食べようかななんて思っているときに連絡があったので、僕も衝撃でびっくりしました」と当時の状況を鮮明に語った。

 ルーキーイヤーから2年間を過ごした古巣グリズリーズへの復帰には、「正直ホッとしました。またあそこから全然知らないチーム、街に行くのはかなり大変になると思ったんですけど、知っている人もいて、2年間も住んでいた街だったので、そういう意味では安心しましたね」と語り、衝撃のトレードながら安堵した部分もあったと明かす。

 前回在籍時からのチームメートである、ジャレン・ジャクソンJr.とジョン・コンチャーからは「また一緒にプレーできるのを楽しみにしてる」とすぐに連絡をもらったという渡邊は、「出場した試合は少なかったんですけど、久々にあのコートに立ってプレーできたのは楽しかったですし、自分がトレード後に初めて出た試合なんかはファンの方も温かく迎えてくれて、いい残りのシーズンを過ごせたと思っています」とコメント。6年間のNBAの旅路は、奇しくも始まりの地であるメンフィスで幕を閉じることとなった。

盟友・八村塁との秘話、そして次なる戦いへ

 また、もう一人の日本人NBAプレーヤー、八村塁(ロサンゼルス・レイカーズ)との関係について聞かれると、「彼がいてくれたから僕もここまで頑張れたのは間違いなくありますし、彼の活躍が毎日僕の刺激になって、もっと頑張らなきゃなという気持ちで毎試合やれました。特に今シーズンの彼はすごい活躍をしてて、レイカーズの主力の一人として毎試合やってくれているので、今後も彼の活躍には期待したいです」と力を込めた。

NBAプレーヤーとして日本のバスケ界をけん引してきた渡邊と八村 [写真] = Getty Images

「彼には皆さんに発表する前に(日本へ戻ることを)伝えていたんですけど、そのときに『本当に雄太さんがやってきた6年間はすごいと思います。僕も尊敬しています』と言ってくれたので、似合わないなと思いながら、そうやって言ってもらえてうれしかったですね」

 そう語り、気恥ずかしそうに笑顔を見せた渡邊は、「仲が良いので逆にいがみ合っているというか、お互い負けたくないみたいな気持ちで、冗談を交えながらの口喧嘩みたいなものが多いので」と、独特な両者の関係を表現した。

 高校卒業後に渡米し、大学時代を含め11年間にもわたるアメリカ生活を終えた渡邊は、「自分でもよくやったなというか、当時は全く英語も喋れなかったですし、何も分からない状態で単身でアメリカに行って、いろんなことを乗り越えながら、6年間もNBAでやれることができました。もっともっとやれればというのはもちろんあるんですけど、自分の中でやり切ったという気持ちでいっぱいですし、毎日全力を尽せたのは間違いないので、一切悔いはないですし、これからの生活を楽しみに感じています」と清々しく語り、今後への期待を膨らませた。

 直近の目標であるパリオリンピックについて聞かれると、「去年あれだけみんなで頑張って勝ち取ったパリへの切符なのでワクワクしてます。対戦相手もドイツとフランスが確定して、もちろんめちゃくちゃ強い相手ですけど、また強くなった日本代表を見せれたらなと思います」と意気込む渡邊。

 フランス代表で今季の新人王候補筆頭のビクター・ウェンバンヤマ(サンアントニオ・スパーズ)と、シーズン序盤に実際に対戦している渡邊は、「本当に規格外というか、スペースがあるのに手を伸ばされたらいつでもブロックされてしまうような感じだったので、対戦相手としてはすごく嫌でしたね」と語っており、怪物ルーキーに対して日本代表がどのような対策を講じるかにも注目だ。

 さらに、その先に待っているBリーグでのプレーについては、「日本の皆さんの前でプレーするのは代表活動を除けば、高校卒業以来になるのですごく楽しみにしています。皆さんが期待しているようなプレーを見せていけたらなと思っています」と語ると、最後に「本当に今までたくさんの応援ありがとうございました。僕のバスケ人生はまだまだ続くのでぜひとも今後も応援よろしくお願いします」とファンへ感謝のメッセージを送った。

BASKETBALLKING VIDEO