2023.03.01

悔しい逆転負けとなったネブラスカ大…富永啓生はゲームハイタイの20得点で躍動

ゲームハイタイの20得点を挙げた富永(中央)/写真は現地12月7日のインディアナ大戦のもの[写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 3月1日(現地時間2月28日)、富永啓生所属のネブラスカ大学はホームでミシガン州立大学を迎え撃った。

 直近の7試合で2ケタ得点を継続するなど、好調なパフォーマンスでチームの勝利に貢献している富永。この日も先発メンバーに名を連ねた富永は序盤から得意の3ポイントシュートで会場を沸かし、ネブラスカ大に流れを引き寄せる。38-26と12点のリードを保ちつつ、試合を折り返した。

 後半開始の直後にも長距離砲を決め、残り14分に差し掛かったところでは巧みなフェイクから富永は3点弾をヒット。しかし、終盤にかけてミシガン州立大の猛攻を抑え切れず逆転を許してしまい、富永も得点に恵まれず厳しい展開に。フリースローなどで食い下がるものの、最終スコア67-80でネブラスカ大の連勝がストップした。

 富永は8本中4本の3ポイントシュートを沈めるなど、ゲームハイタイとなる20得点の活躍で貢献。フィールドゴールは11本中7本を決め、成功率は63.6パーセントを記録している。

 この試合で挙げた20得点により、連続2ケタ得点記録は8試合に。勝利こそ逃してしまったものの、自身の好調を十分に示す活躍を残した。

 次戦、6日にネブラスカ大はアウェーでアイオワ大学と激突する。

BASKETBALLKING VIDEO