2017.07.27

A東京がNBA出場経験のある25歳を獲得、米代表としてユニバーシアードにも参加

キャブスで5試合に出場したアレックス・カークがA東京へ [写真]=Getty Images
国内外のバスケ情報をお届け!

 アルバルク東京は7月26日、アレックス・カークと2017-18シーズンの選手契約が基本合意に達したことを発表した。

 アメリカのニューメキシコ州出身で25歳のカークは、211センチ114キロのセンター。ニューメキシコ大学卒業後の2014年にクリーブランド・キャバリアーズの一員としてNBAのサマーリーグに参加し、同チームと選手契約を締結した。レギュラーシーズン計5試合に出場した後、Dリーグ(現ゲータレードリーグ)、イタリア、中国、トルコのクラブでプレー。また、2013年にはユニバーシアードアメリカ代表に選出された。

 A東京への加入が決まったカークは、クラブの公式HPをとおして「自分のキャリアを東京から新たにスタートさせる事ができ、興奮しています。早くチームメートと合流し、バスケットをするのが楽しみです。今シーズンの目標はハードワークをし、チャンピオンシップをクラブとファンにもたらす事です。応援よろしくお願いします」とコメントした。

 なお、A東京は同日、ジャワッド・ウィリアムズとの契約合意を発表した。