2019.02.06

モテ男決定戦、中間発表の第1位は渡邉裕規…トップ3が栃木ブレックス所属選手

中間発表の時点で2位の遠藤祐亮、1位の渡邉裕規、3位のライアン・ロシター(左から) [写真]=B.LEAGUE
国内外のバスケ情報をお届け!

 Bリーグは2月6日、小柳津林太郎氏が「B.LEAGUE モテ男No.1決定戦」のアドバイザーに就任したことに発表した。

「B.LEAGUE モテ男No.1決定戦」は、Bリーグ初年度から毎年実施しているバレンタイン投票企画。アドバイザーに就任した小柳津氏は「Amazon Prime Video」で配信中の恋愛リアリティ番組『バチェラー・ジャパン』で2代目バチェラーを務め、脚光を浴びている。

 また同日、同イベントのファン投票中間結果も発表。過去2回の開催でいずれも2位を獲得した渡邉裕規(栃木ブレックス)が8397票で首位に立ち、2位に遠藤祐亮、3位にライアン・ロシターと栃木所属選手が続く。4位は多嶋朝飛レバンガ北海道)、5位は須田侑太郎琉球ゴールデンキングス)となっている。

 なお、ファン投票は2月11日23時59分まで行われる。

B.LEAGUE モテ男No.1決定戦 中間結果
1:渡邉裕規(栃木ブレックス/8397)
2:遠藤祐亮(栃木ブレックス/5729)
3:ライアン・ロシター(栃木ブレックス/4872)
4:多嶋朝飛レバンガ北海道/3804)
5:須田侑太郎琉球ゴールデンキングス/3509)
6:馬場雄大アルバルク東京/3356)
7:生原秀将シーホース三河/3021)
8:五十嵐圭新潟アルビレックスBB/2966)
9:原修太千葉ジェッツ/2838)
10:西村文男千葉ジェッツ/2711)
※2月6日0時時点